食べチョク「共同購入機能」リリースへ 送料をシェアできる

ECのミカタ編集部

株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都渋谷区/代表:秋元里奈、以下ビビッドガーデン)は、友だち同士で分けやすい分量の農作物が購入できる「共同購入機能」を2019年5月17日(金)にリリースした。

オーガニック農産物がオンラインで手に入る!食べチョクとは

食べチョクとは、ビビッドガーデンが運営するオーガニック農産物に特化したマーケットプレイスだ。

基準を満たすオーガニック農家であれば、1箱から出品が可能となる。

生産者と消費者がダイレクトにやり取りできるため、消費者は市場に出回っていない商品を手に入れることも可能だ。

日本のオーガニック農家は全体の0.5%と言われているが、食べチョクには現在300軒もの農家が登録している。
近年は関心も高まる一方で、日本国内では販売されているところが少ないという課題のあるオーガニック製品だが、オンラインで入手できるのは消費者にとってももちろん、販路拡大に悩みを抱える農家にとっても便利な仕組みと言えるだろう。

少量買いのニーズにお応え!共同購入機能

食べチョクは新鮮なオーガニック農産物が届くというメリットがある一方で、一人暮らしの消費者など少量で購入する際には送料がかかり割高になってしまうというデメリットがあった。

そこで今回リリースされたのが、「共同購入機能」だ。

事前に「何人で分けるか」を農家に注文することで、農家から分けやすい分量に調整された農産物が送られてくる。

例えば1人で1,000円分購入すると送料が800円かかってしまっていたところを、3人で3,000円分購入すると送料の800円を3人で割って267円にすることができる。

送料の課題

オンラインショッピングが浸透してきた今、送料の問題は常につきまとっている。

送料がかかると購入をためらう消費者がいる一方、需要の高まりで配送業者も送料をあげざるを得ない状況が続いている。

今回のような送料も「シェアする」サービスが、もっと広がっていくことに期待したい。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事