【楽天】ライブコマース「Rakuten LIVE」の提供を開始!

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区/代表:三木谷浩史、以下「楽天」)は、2019年5月17日(金)にライブ動画配信サービス「Rakuten LIVE(楽天ライブ)」の提供を開始した。

楽天各種サービスと連携した、多様なライブコマース体験を提供

「Rakuten LIVE」は、アーティストやタレント、一般ユーザーがライブ動画を配信し、視聴者とコミュニケーションを取ることのできる動画配信サービスだ。

動画を配信するアーティストやタレント、一般ユーザーは「ライバー」と呼ばれ、視聴者は「ギフト」と呼ばれる応援アイテムをリアルタイムに贈ることで、双方のコミュニケーションを可能とする。

「Rakuten LIVE」は、すでに幅広く展開されているようなライブコマース機能と同様に、動画配信を通じて視聴者の購買を促進する役目も担っている。

「Rakuten LIVE」のライブコマース機能は、楽天グループの各種サービスと連携。
今後インターネットショッピングモール「楽天市場」をはじめ、「楽天ブックス」「楽天チケット」などのECサービスと連携し、多様なライブコマース体験を提供していく。

楽天が提供したいのはエンタテイメント体験

近年は動画配信サービスを通じて、誰もが自由にオリジナルコンテンツを発信できる時代になった。
同時に、アーティストやタレントなどの有名人と双方のコミュニケーションをとることが可能になり、より身近に感じられるようになってきている。

「Rakuten LIVE」の提供開始は、そうした時代の流れからすると「今更?」という印象も受けるかもしれない。
ライブコマース機能として連携できるサービスの多さでは、楽天グループに叶うところはないだろうが、「ライバー」とライブ配信を通じて「ギフト」のやり取りをしたり、販売促進につなげたりするということ自体に真新しさはない。

しかし、楽天が提供したいのは斬新なサービスではなく「エンタテイメント体験」である。
手軽に利用していた楽天グループのサービスを、動画配信を通じて利用することでこれまでと異なる体験ができる。

そのことに最も価値があるのかもしれない。

 ECノウハウ