10・20代の約4割が動画コンテンツを日常的にシェア 「動画&動画広告・月次定点調査」が公表される

ECのミカタ編集部

株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年4月度)』の結果を公表した。

なお同調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしている。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

10・20代は動画を日常的にシェア

週に1回以上、動画コンテンツを視聴する人のうち、動画を「頻繁にシェアする」人は8.2%、「ときどきシェアする」人は16.6%、「あまりシェアしない」人は22.7%、「シェアしたことはない」人は47.3%だった。

10代に限ってみると「頻繁にシェアする」人は12.3%、「ときどきシェアする」人は24.7%、20代では「頻繁にシェアする」人は15.0%、「ときどきシェアする」人は26.3%となった。

10代と20代の約4割は、日常的に動画コンテンツをシェアしていることがうかがえる。

20代はスマホでの「動画視聴」がトップ

スマートフォンで最も閲覧頻度が高い情報(コンテンツ)として、一番多くのスマホユーザーから挙がったのは「ニュース」(16.4%)、次いで「友人や知人からのメッセージ」(13.9%)、「気温や天気などの情報」(10.8%)だった。

10代に限ってみると「ゲーム」が最多(14.0%)、次いで「動画」(11.6%)、20代は「動画」がトップとなり(15.0%)、次いで「友人や知人からのメッセージ」「友人や知人のSNSのタイムライン」(ともに、11.1%)となった。

シェアはYouTubeで、インスタは男女で差

動画コンテンツを「頻繁にシェアする」「ときどきシェアする」人に、シェアするサービスを聞いたところ、「YouTube」が最も多く(61.8%)、次いで「Twitter」(54.2%)、「LINE」「Instagram」(ともに、41.7%)、「Facebook」(41.0%)だった。

男女差が最も大きかったのは「Instagram」で、男性が35.4%に対し、女性は50.0%となった(複数回答あり)。

花見動画の投稿をした20代は約2割

2019年の花見で「画像をSNSに投稿した」人は11.5%、「動画をSNSに投稿した」人は7.3%だった。

花見の動画をSNSに投稿した人の割合を年代別に見てみると、10代(14.0%)と20代(19.0%)が他の年代に比べて高いことがわかった。

また花見の動画を投稿したSNSとして最も多くの人から挙がったのは「Instagram」(58.8%)、次いで「Twitter」(47.5%)、「LINE」(46.2%)、「Facebook」(41.2%)となった(複数回答あり)。

さらに重要度が増す動画コミュニケーション

調査結果にあるように、10代がスマートフォンで最も閲覧するのは「ゲーム」、20代は「動画」という結果となり、10・20代の約4割が動画コンテンツを日常的にシェアしていることがわかった。また動画を最もシェアするプラットフォームは「YouTube」、次いで「Twitter」だった。

動画との付き合い方は若い世代が圧倒的に手馴れていることがうかがえる。モバイル通信の5Gへの移行がひかえる中、こうしたスマホなどを通した動画の撮影や視聴、シェアなどは今後ますます活発になっていくことが予想される。

ECとの関連では、ライブコマースがすでに消費者への有効な訴求方法として浸透してきており、動画を通したコミュニケーションがさらに深化する中、プロモーションやマーケティングの手法、そして戦略構築の面でも、さらに動画の重要度が増すことになりそうだ。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事