AXLGEARがヤマト運輸と連携してサブスク・ビジネスの「注文〜請求処理」省力化を実現

ECのミカタ編集部

サブスクリプションサービス事業者向け販売管理システムの開発及び運用を行うAXLBIT(アクセルビット)株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:長谷川章博)は、提供するクラウド型販売管理システム「AXLGEAR(アクセルギア)」とヤマトクレジットファイナンス株式会社(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:西田勢津子)が提供するBtoB決済サービス「クロネコ掛け払い」が連携したことを公表した。

ヤマトのBtoB決済サービス「クロネコ掛け払い」

「クロネコ掛け払い」は、企業間取引における請求業務を代行し、販売企業の決済業務とリスクを引き受けるBtoB決済サービスだ。

与信から請求書発行、集金、入金管理および督促などの事務を代行し、未回収リスクをヤマトクレジットファイナンスが引き受ける。

サブスクのプラットフォーム「AXLGEAR」

AXLGEARはサブスクリプション・モデルのサービスを管理するプラットフォームだ。

クラウドサービスのサブスクリプション・モデルは、人的リソース最小化しつつユーザーの満足度を向上させ、かつスムーズに利用者数を拡大する有効な手段として、多くの企業で採用されている。

AXLGEARは、これらサービス品質向上を提供するツールであり、これまでの仕組みには無い売上拡大(新規獲得・利用継続・アップセル)、利益最大化。「営業・業務・サービス・管理のコスト削減」機能を実装し、サービスベンダーのビジネス拡大に貢献するバックエンドツールとして支持を集めている。

連携でサブスクでの「注文〜請求処理」を大幅に省力化

AXLBIT社は「AXLGEAR」と「クロネコ掛け払い」連携の背景について次のように述べている。

「サブスクリプション・ビジネスには、ユーザーが利用した分に応じて料金を課す変動課金および月次決済が求められています。従来、変動課金の決済を省力化するには、クレジットカード決済が理想とされてきました。

しかしながら、BtoBの取引において、クレジットカード決済に難色を示す企業も多く、売り手企業には企業毎に『請求書発行・集金・督促』などの事務的な手間が発生していました。

この度の連携により『AXLGEAR』を利用されている売り手企業様は、請求業務等の事務作業が効率化され、買い手企業様からの集金をスムーズに行うことができるようになりました。これにより、買い手企業様からの注文〜請求処理を大幅に省力化することが可能となります」

EC市場においても、ますます注目されるサブスクリプション・モデル。同社も述べているように、そこではさまざまな業務上の課題もあるが、今回の連携によって、サブスク・ビジネスを展開する事業者を力強くアシストすることになりそうだ。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事