LINE公式がリーチ力を高めた『LINE Dynamic Ads・プロスペクティング配信』の提供を開始

ECのミカタ編集部

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」上で提供している「LINE Dynamic Ads」の新機能として、「プロスペクティング配信」の提供を開始した。

8,000を超える企業やブランドが利用

「LINE Ads Platform」では、「LINE」および「LINE」関連サービスを対象として、2016年から「LINE」のタイムラインや「LINE NEWS」に加え、「LINE BLOG」「LINEマンガ」「LINEポイント」上で広告配信を行ってきた。

運用開始以降、8,000(2019年5月末時点)を超える企業・ブランドに利用されている。また2018年11月より、ユーザーのWebサイト上での行動履歴をもとに好みや興味関心に合った広告を配信できるダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」を提供している。

潜在顧客にも効果的にアプローチ

今回「LINE Dynamic Ads」で利用できる新たな機能として、「プロスペクティング配信」の提供を開始した。

「LINE Dynamic Ads」では、利用データの計測などを行う「LINE Tag」を利用し、広告主のWebサイトでのユーザーの行動データを蓄積・解析することで、Webサイトにおけるユーザーの行動履歴にもとづいて好みや興味関心に合った広告を配信することができる。

そして、「プロスペクティング配信」を組み合わせることで、Webサイトで未接触のユーザーに対しても、商品の詳細ページを閲覧したユーザーやカートに商品を入れたユーザー、商品を購入したユーザーなどに類似した潜在顧客を「LINE」内で新たに探し出し、広告を配信することが可能になった。

すでにWebサイトでアクションを起こしたユーザーと似た属性のユーザーにリーチすることができるため、新規顧客の獲得につながりやすい広告配信を実現することができるとしている。

加えて、月間6800万人以上が訪問する「LINE」のタイムラインをはじめ、「LINE NEWS」「LINEマンガ」「LINE BLOG」「LINEポイント」などの関連サービス上で広告配信ができるため、大規模なユーザーへのリーチが可能だ。

今後はWebサイトだけでなく、広告主が提供するアプリ内での行動履歴にもとづく広告配信にも対応していく予定とのことだ。

「各ユーザーへの最適化をさらに進めていく」

「LINE Ads Platform」では、2018年8月にシステムの大幅刷新を実施して以降、新システム上でのサービス拡充や、月間8,000万人のうち86%が毎日利用する「LINE」のトークリスト最上部にコンテンツや広告を表示できる「スマートチャネル」をはじめとした広告配信面の強化などを進めている。

今後はLINEサービス内の購買データやビーコン等を用いた位置情報データの活用、LINEの法人向けアカウント広告とのターゲティング連携を通じて各ユーザーへの最適化をさらに進めていく予定となっている。

そして同社は、継続的なデータの蓄積と活用により、広告配信システムのさらなる最適化や精緻化による企業・ブランドのマーケティング活動の最大化と課題解決を目指す方針だ。

パーソナルなコミュニケーションツールとして存在感を増すLINE。手のひらの上のマーケティングデバイスともいわれるスマホの特性とも融合することで、ユーザーの個々の属性を把握した上での広告施策では大きな威力を発揮する。

今回の新機能でそのアドバンテージがさらに高められることになり、EC事業者をはじめとした各企業・ブランドのプロモーションやマーケティング活動を力強くアシストすることになりそうだ。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事