より手軽に越境EC対応が可能に 『フューチャーショップ』とジグザグが提供する越境ECソリューション『WorldShopping BIZ』との連携で実現

ECのミカタ編集部

SaaS型ECサイト構築プラットフォームfutureshopを提供する、株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区、代表取締役:星野裕子、以下フューチャーショップ)は、株式会社ジグザグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:仲里一義、以下ジグザグ)が開発、提供する越境ECサービス『WorldShopping BIZ』との連携を開始した。

今回の連携により、futureshopで構築したECサイトにJavaScriptタグを1行追加するだけで、orldShopping BIZを導入でき、越境EC対応が可能になる。

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム『futureshop』

フューチャーショップが提供するfutureshopシリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームだ。

国内向けfutureshopはCMS機能commerce creatorで高いデザインカスタマイズの自由度と更新性を実現している他、ロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有している。

オムニチャネル対応には実店舗とECの顧客統合を行い、さらにきめ細やかなデジタルマーケティングを目的とした、O2Oを実践するポイント統合、実店舗在庫表示機能も備えた「futureshop omni-channel」が利用できる。

またプラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れている。"売上を創るEコマースプラットフォーム"を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、EC事業者の「やりたいこと」にとことん応えるソリューションとなっている。

多言語対応ソリューション『WorldShopping BIZ』

「WorldShopping BIZ」は、ジグザグが提供する越境EC支援ソリューションの総称だ。『WorldShopping BIZ チェックアウト』は、海外販売をはじめたいすべての事業者に対して、多言語対応・海外決済・海外配送までを一気通貫で提供する越境EC対応サービスだ。

日本語ECサイトにJavaScriptタグを1行追加するだけで、特別な開発や運営オペレーションの変更を一切伴わずに、世界125カ国に向けての海外販売対応を実現する。

手間をかけることなく越境EC対応が可能に

そのフューチャーショップはジグザグが提供する越境ECソリューション「WorldShopping BIZ」との連携を開始した。WorldShopping BIZを導入すると、海外ユーザー用に最適化されたショッピングカートを設置できる。また商品注文受付から決済、不正決済対応、海外配送、カスタマーサポートまで、EC事業者が手間をかけることなく越境EC対応を行うことが可能だ。

海外IPアドレスからの訪問者が商品ページにアクセスすると、多言語対応の専用カートを表示。決済方法もクレジットカードはもちろん、海外ユーザーがよく利用するPayPalやアリペイ、銀聯カードを提供し、ジグザグがカスタマーサポートにも対応する。

WorldShopping BIZ サービスの流れはこうだ。購入手続きが完了すると、EC事業者様はジグザグの国内倉庫に送ることで受注処理が完了。後はジグザグが注文元に発送する。EC事業者は決済や発送などを気にせず、国内発送と変わらない運用で越境ECに取り組むことができる。

さらに社ジグザグ社は、GMOペパボ株式会社が運営するアプリケーションプラットフォーム「カラーミーショップ アプリストア」向けの越境ECソリューション「WorldShopping BIZ for カラーミーショップ」の導入店舗数が、2019年5月13日のサービス提供開始から2カ月で、100店舗を突破したことを明らかにしている。

このように市場で大いに受け入れられている両社のソリューションが融合することで、越境ECを目指すEC事業者のビジネスを強力に加速させることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事