ZOZOTOWNがAI活用の『類似アイテム検索機能』を導入 ニーズに合う商品との出会いをアシスト

ECのミカタ編集部

株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:前澤 友作)が運営するファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」は、AIを活用し、各商品画面からユーザーが閲覧する商品と似ている商品を検索できる、「類似アイテム検索機能」の提供を8月26日(月)より開始した。

閲覧履歴などから類似アイテムを表示

ZOZO社が運営するZOZOTOWNは、AIを活用して各商品画面からユーザーが閲覧する商品と似ている商品を検索できる「類似アイテム検索機能」の提供を開始した。

同機能では各商品画面上にある「画像検索アイコン」をタップするだけで、閲覧中の商品の形・質感・色・柄などをもとにAIが似ている商品を検出し、一覧で表示する。1つの商品を起点として、「これと似た色の服をチェックしたい」「こんな柄の服がほしい」などの検索ニーズがある一方、ファッションアイテムは、色や形などを表現する言葉が人によって異なる場合が多く、色やキーワードなどの検索だけでは、イメージする商品にたどり着けないことがある。

同機能により、ユーザーは商品の再検索の必要なく、ニーズに合う類似商品の見比べが可能となる。例えば、商品は気に入ったものの、サイズ・値段・細かな仕様など「あと一歩」の理由で購入に至らない際にも、ニーズに合う商品との出会いをアシストする。

サービスの滞在時間が4倍以上に

今回の「類似アイテム検索機能」の開発は、ZOZOTOWNやWEARなどZOZOグループが運営するサービスの技術開発を担う、株式会社ZOZOテクノロジーズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:久保田竜弥、代表取締役CINO:金山裕樹)
が行った。

同社が実際に数万人のユーザーを対象に行った機能の先行テストの結果では、利用者は非利用者に比べサービスの滞在時間が4倍以上長く、利用率の向上につながっているそうだ。

現在はジャケット・トップス・パンツ・シューズなど、全25カテゴリー中の主要8カテゴリーに対応しており、330万点以上の商品から「似ている商品」の検出が可能になっている。

「ZOZO AI化元年」の一環

今回、提供が開始された機能について、カテゴリーや商品数を今後も順次拡充していく予定とのことだ。ZOZOグループでは、令和元年となる本年を「ZOZO AI化元年」と位置づけ、運営するサービスでの全面的なAI活用を目指すことにしている。

今回の機能導入はその第一弾であり、今後ZOZOTOWNやWEARをはじめとするZOZOグループの各サービスにもAIを導入していき、ユーザーへのよりスムーズで快適な買い物体験の提供を目指す方針だとしている。アパレスECプラットフォームとして、ひときわ存在感を発揮するZOZOTOWN。今回の新機能実装は、その価値をさらに高めることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事