チャット決済導入で豊富な決済手段を実現、CVR向上へ【BOTCHAN PAYMENT】

ECのミカタ編集部

株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区/代表:磯山博文、以下「wevnal」)は、CVR向上特化型チャットボット「BOTCHAN PAYMENT」とSBペイメントサービス株式会社(以下「SBPS」)の提供するオンライン決済サービスを連携し、チャットボット内でクレジットカード決済、コンビニ決済、後払い決済など、豊富な決済手段での支払いを可能とした。

チャットボット決済でCVR向上を図る

BOTCHAN PAYMENTは、ウェブ接客ツールであるチャットボットとエントリーフォームの最適化サービスを組み合わせた、エントリーフォーム特化型のチャットボット決済だ。

「チャット形式のUI」「詳細なデータ分析」「低コストですぐに実装」の3つのポイントからエントリーフォームの最適化を図り、CVRの向上に貢献する。

決済サービスが購入の決め手。連携で新規ユーザーの獲得を狙う

SBPSの調査によると、ECサイトにおいて、利用したい決済手段が対応していない場合50%以上のユーザーが購入をやめてしまうということがわかっている。

BOTCHAN PAYMENTはSBPSのオンライン決済と連携することによって、クレジットカード決済、コンビニ決済、後払い決済をはじめとする豊富な決済手段に対応することができる。

適切な決済手段を導入することによってCVR向上につなげ、新規ユーザーの獲得が期待できる。

現金一括では購入できないような高額な商品も購入が容易になり、カートの「カゴ落ち」の軽減につながる一方で、商品売上単価の向上も見込める。

BOTCHAN PAYMENT3つの特徴

BOTCHAN PAYMENTは、大きく分けて3つの特徴がある。

1)多彩なシナリオサポート
様々な入力に応じたフォームパーツを用意。
2)安心のデータ運用を徹底
ユーザーのクレジットカード情報をトークン化することで、カード情報を保有しない形で運用している。
3)各種API連携機能
GAなどの分析ツールとの連携、ECカート、各種決済サービスと連携している。

今回の決済サービスの充実により、よりユーザーにとって安心できるチャット決済サービスとなったBOTCHAN PAYMENT。

連携の結果に大きく期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事