越境ECワンストップサービスの提供を開始 『WorldShopping BIZ』と 『L’OCORE EC(自社EC運営)』の連携で実現

ECのミカタ編集部

越境EC支援ソリューション「WorldShopping BIZ」を提供する株式会社ジグザグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:仲里一義、以下ジグザグ)は、靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を運営する株式会社ロコンド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中裕輔:、以下ロコンド)のブランド向けプラットフォーム事業の1つである、自社ECサイトの開発・運営サービス「L’OCORE EC(自社EC運営)」において業務提携をし、国内ECサイトの海外対応における多言語入力フォーム、決済、海外配送の課題を一挙に解決する越境ECワンストップサービスの提供を開始することを公表した。

越境EC支援ソリューション「WorldShopping BIZ」

「WorldShopping BIZ」は、ジグザグが提供する越境EC支援ソリューションの総称だ。『WorldShopping BIZ チェックアウト』は、海外販売を志す全ての事業者に対して、多言語対応・海外決済・海外配送までを一気通貫で提供する越境EC対応サービスだ。日本語ECサイトにJavaScriptタグを1行追加するだけで、特別な開発や運営オペレーションの変更を一切伴わずに、世界125カ国に向けての海外販売対応を実現する。

自社ECサイト開発・運営サービス「L’OCORE EC」

「L’OCORE EC(自社EC運営)」とはブランド向けプラットフォーム事業の1つである、自社ECサイトの開発・運営サービスだ。最新のテクノロジー、オムニ戦略基盤、ロコンドの持つノウハウ・技術からなるECシステムで自社ECサイトを構築・運営する。さらに業界最高水準のオペレーション (集客、顧客応対、物流) を最高の費用対効果で提供し、自社ECの売上と利益を最大化する。

海外対応をワンストップで行えるECシステムを実現

ロコンドは、これまで「LOCONDO.jp」などのユーザー向けEC事業(B2C)に加え、ブランド向けのプラットフォーム事業(B2B)として、自社 ECサイトの開発・ 運営(L’OCORE EC(自社EC運営))、店舗配送受託(L’OCORE ロジスティクス)、店舗欠品フォロー(L’OCORE CHOC)、店舗在庫のリアルタイム販売機能(L’OCORE POS)等を展開しており、ブランドの公式通販サイトの運営を支援する事業者数は増加傾向にあるという。

ブランドの自社ECサイトには、海外からのアクセスも一定数あるものの、対応言語や決済方法が限られているため、一部の海外ユーザーからの購買機会を逃している状況にあったそうだ。

海外対応をするにあたり、ECサイト上での多言語対応や複数の海外決済対応をはじめ、海外向けカスタマーサポートの設置や海外配送など、システム面だけでなく人的コストやオペレーションコストもかかることから、EC事業者にとって海外対応へのハードルは低くなかった。

そこで今回、最短1日で125カ国向け越境EC対応を実現するジグザグの「WorldShopping BIZ チェックアウト」とロコンドの自社EC支援事業「L’OCORE EC(自社EC運営)」が連携することで、ECサイトの言語・決済・物流面での海外対応をワンストップで行える越境ECサービスを提供し、人的コストやオペレーション課題を包括的に解決することとなったのだ。

受発注・海外配送・CSまでをサポート

今回の連携によってEC事業者は、自社のECサイトにJavaScriptを1行設置するだけで海外ユーザー用に最適化されたショッピングカートを設置でき「商品注文受付から決済・海外配送・カスタマーサポート」まで手間をかけることなく海外対応を行うことができるようになる。

また海外ユーザーがWorldShopping BIZカートで購入できることによって、海外ニーズの把握やマーケティング調査、海外転売の抑制といった活用も可能だとしている。

今後はジグザグが持つ「海外からの注文受付~決済対応、125カ国への海外発送までを可能にする技術とサービス・越境ECの知見」とロコンドが持つ「数多くのブランドのECサイト構築の実績とノウハウ・技術」の深い連携を通じて、EC事業者のグローバル展開および販路拡大を支援し、売上増加に貢献していくとしており、その動向に期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事