Google ショッピング広告自動運用サービス『EC Booster』が『NP掛け払い』を導入 より手軽にGoogle ショッピング広告が始められるように

ECのミカタ編集部

株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田紳)は、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区湯島、代表取締役:塚田耕司、以下「フィードフォース」)が運営するGoogle ショッピング広告自動運用サービス「EC Booster」へ、BtoB・企業間後払い決済サービス「NP掛け払い」の提供を開始した。

販路拡大・売上向上が見込める

「NP掛け払い」は、BtoB・企業間決済代行サービスだ。ネットプロテクションズ社が企業(売り手)と企業の顧客(買い手)の間に入り、買い手への与信から請求書の発行、代金の回収、未回収リスクの保証まで掛け売り業務全てを請け負う。

同社は「NP掛け払い」の導入により売り手は営業活動などの価値創造に繋がるコア業務に集中できることに加え、法人から個人事業主までを対象に柔軟に掛け売りの提供ができるため、販路拡大・売上向上が見込めるとしている。

また掛け売りの提供は買い手のキャッシュフロー改善にもつながるという。本格提供を開始して以来、加盟企業数(アカウント発行数)は約1,700件、累計利用数260万社を超えている。

11月5日(火)より提供開始

「NP掛け払いを展開するCredit Tech(クレジットテック)のネットプロテクションズ社は、フィードフォース社が運営するGoogle ショッピング広告自動運用サービス「EC Booster」へ、BtoB・企業間後払い決済サービス「NP掛け払い」の提供を2019年11月5日(火)より開始した。

手軽にGoogle ショッピング広告を始められるように

同社は「NP掛け払い」導入の背景と期待する効果について次のように述べている。

「『EC Booster』はこれまで、お支払い方法としてクレジットカードのみを提供していましたが、今回の連携により、『EC Booster』新規お申込みのお客様には、お支払い方法をクレジットカードと請求書払い(NP掛け払い)からお選びいただけるようになりました。

法人用クレジットカードの使用に申請が必要であったり、番号を入力する手間がかかったりする場合、請求書払いを選択することでより手軽にGoogle ショッピング広告を始められるようになります。また、『NP掛け払い』の導入により、フィードフォースが請求業務にかけてきたリソースを削減でき、お客様へ提供するサービスの品質向上に時間をさくことが可能になります」

EC市場の拡大にあわせて、同ビジネスを支援する各種の周辺ソリューションが提供されてきている。その中でも「NP掛け払い」は、BtoB・企業間決済代行サービスとして存在感を発揮してきた。今回、「EC Booster」が同サービスを導入したことによって決裁面での利便性が高まることはもちろん、それらを通したシナジー効果で両者の価値をさらに押し上げることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事