@cosmeが海外展開を本格化 ローカライズされたショップとアプリで現地ユーザーの心をとらえる

ECのミカタ編集部

株式会社アイスタイル(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:吉松 徹郎、証券コード:3660、以下 アイスタイル)は、海外現地ユーザーのクチコミや現地のBeauty関連ニュースが見られる「@cosme」のグローバルアプリを、第1弾としてマレーシアと香港でリリースした。

「メディア・店舗・EC」をコアとしたモデルを世界へ

アイスタイル社は、ミッションである「Beauty×ITで世界No.1」の実現に向けて、海外現地ユーザーのクチコミや現地のBeauty関連ニュースが見られる「@cosme」のグローバルアプリを、第1弾としてマレーシアと香港でリリースした。

また香港では連結子会社であるistyle Retail (Hong Kong) Co., Limited(本社:中華人民共和国 香港特別行政区(以下 香港) 、代表取締役社長:遠藤 宗 、 以下 istyle Retail (Hong Kong))を通じて、コスメセレクトショップ「@cosme store」の香港5号店、「@cosme store 朗豪坊店(Langham Place店)」を10月31日(木)にオープンしている。

アイスタイルは、日本国内において、コスメ・美容の総合サイト@cosmeのクチコミや商品データのデータベースを中心に、メディア・店舗・ECをコア事業としたビジネスモデルを確立してきた。このモデルを海外に広めていくことをグローバル事業戦略の基本方針として、「Beauty×ITで世界No.1」のミッション実現を目指すとしている。

店舗の概要と特徴

1)ショッピングが盛んな立地

香港の九龍島で尖沙咀に次ぐショッピングスポットであり、若年層文化の中心地の一つである「旺角」最大のショッピングモール「Langham Place」への出店となる。地元買い物客が多い上に、観光客にも人気のスポットであり、幅広い顧客に愛される店舗を目指す。

2)新たな試みが盛り込まれた楽しめる売り場づくり

既存店同様、ほぼすべての商品を自由に試せる環境や、肌悩みやメイクの悩みに応えるカウンセリングなどを通して、「お客さまひとりひとりの運命コスメ」に出会える、Beautyを楽しむことのできる店舗を目指す。

さらに、今回は@cosme storeのコンセプトのうち、「試せる」と「出会える」にフォーカスした、「ビューティレシピ」と「テスターバー」という2つの新しい売り場を導入。ビューティレシピは季節に合わせたおすすめのアイテムと出会えるコーナーとなっている。テスターバーは、香港初上陸や店舗スタッフオススメ、日本で話題の商品など、様々なテーマに合わせて集められたアイテムを自由に試せる。違うカテゴリのアイテムを同時に一つの場所で試すことができ、ユーザーと商品の思いがけない出会いをプロデュースする。

また取り扱いは全て日本の@cosmeでも人気の日本ブランドとなり、既存店舗で人気のブランドに加え、新たに「AYURA」、「ACSEINE」、「Visee」の取り扱いを開始する。

3)@cosmeの新しいロゴを店舗初導入

アイスタイルグループは、今年12月3日のサービス開始20周年を機に、「@cosme」のサービスロゴを初めてリニューアルする。12月3日以降順次サービスロゴの切り替えを行う予定だが、「@cosme store 朗豪坊店」では、10月31日に先駆けて新しいロゴを掲げてのオープンとなった。併せて店内も新ロゴのコンセプトであるドット&スペースのモチーフを元にデザインされている。

◆「@cosme store 朗豪坊店」概要

オープン日 :2019年10月31日(木)

所在地:九龍旺角亞皆老街8號朗豪坊B1樓16號舖

営業時間:11時00分~23時00分 年中無休

売場面積:57坪

取扱いブランド:ACSEINE、AYURA、CHACOTT、Cher-couleur、FLOWFUSHI、HOMEI、Nail Holic、Sofina Primavista Ange、Visee他

グローバルアプリについて

これまで@cosmeは、主に日本のユーザーが日本で販売されている商品についてのクチコミを投稿したり、商品のランキングをチェックするサービスだった。今回リリースしたグローバルアプリでは、各国のユーザーが投稿した、その国で販売されているコスメについてのクチコミや現地のビューティ関連ニュースが見られるようになるという。また今回のリリース後も順次様々な機能を実装することを計画しているという。

◆主な機能  

・ユーザーのクチコミ投稿と閲覧(他の国/地域のユーザーが書いた他言語のクチコミも自動翻訳機能を使って閲覧可能)

・Beauty関連の記事やニュースの閲覧

※クチコミに基づいたランキング機能も今後実装予定。

※すでに@cosme storeが5店舗オープンしている香港では、アプリ内に@cosme storeと連動したポイントカードの機能も実装予定。

世界展開で重要な「ローカライズ」

同社は新展開に際して次のようにもコメントしている。

「ユーザーにとっては、将来1つのUser IDで、世界中で好きな言語で@cosmeを利用し、国/地域ごとのクチコミやランキングを参考にしながら、ローカライズされた店舗やECで商品を購入できる、という世界を構築してまいります。これまでアプリは日本国内向けのみの展開でしたが、この度いよいよグローバル向けアプリをマレーシア(英語)と香港(中国語繁体字)でリリースすることになりました。 また、香港では@cosme storeの香港5号店『@cosme store 朗豪坊店(Langham Place店)』が10月31日にオープンしました」

EC市場全体を俯瞰した時にクチコミがもたらす影響力は日増しに高まっている。その国内フィールドで確かな実績を積み重ねてきた同社は、活気あるECのグローバルマーケットにおいて、新たな足跡を刻むことになりそうだ。

LTVセミナー


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事