満足度1位は「楽天市場」!ECモール満足度調査【ボイスノート満足度リサーチ】

ECのミカタ編集部

株式会社NEXER(本社:東京都豊島区/代表:宮田裕也)は「ECモール」についての調査を実施し、その結果を自社サイト内にて公開した。

「ボイスノート満足度リサーチ」とは

「ボイスノート」は、10問500サンプル4万円からアンケートが実施できるサービスを行っている。

同サービスは業界最安値クラスであるほか、アンケート結果に基づいてターゲットを絞り込んだ上で、ピンポイントで広告を表示するサービスも行う。

「ボイスノート満足度リサーチ」は、ボイスノートとその他複数の調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度について調査した結果を公開しているものだ。

1500名に聞いた!ECモール満足度ランキング

今回は事前調査にて、大手ECモールである「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazon」以上3つのいずれかのモールを「よく利用している」と回答したユーザーを対象とし、満足度についてインターネット調査を行った。

調査では、「品揃え」「価格」「ポイントサービス・システム」「操作性」「配送」「総合的な満足度」「その評価の理由」についての評価と、それぞれの評価の理由について聞き、各社500名もの回答が集まった。

満足度1位は楽天市場

利用者500名ずつの回答を集計したところ、10点満点評価で最も平均点が高かったのは8.032点で「楽天市場」がトップとなった。

楽天市場についての「評価の理由」には、「品ぞろえもよくコストパフォーマンスも良い」「トラブルなく買い物ができる」「地域の名産品なども多く見つけられる」との声が多くあがっている。

3社は複数のサービスと連動している点、キャッシュレス対応も可能な点、ポイント制度がある点など、仕組みにおいてはさほど大きな違いはないように見受けられる。特にAmazonとは僅差だが、アンケートの回答を見るといかにストレスなく買い物ができるか、サービス面における要望が結果に反映されているようだ。

対面販売とは異なり、思いやりが伝わりづらいECだからこそ小さな部分の心遣いも大きな差につながるのかもしれない。

LTVセミナー


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事