今年はポイント最大44倍!楽天とRebatesのブラックフライデー

ECのミカタ編集部

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区/代表:三木谷浩史、以下「楽天」)は、運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」およびオンライン・ポイントバックサイト「Rebates(リーベイツ)」において、ブラックフライデーイベントを開催する。

楽天市場ではブラックフライデー ポイントが最大44倍!

今年の「楽天市場」では、2019年11月28日(木)から 11月30日(土)まで、ブラックフライデーキャンペーン「楽天市場のブラックフライデー ポイント最大44倍!」を開催する。

特集ページでエントリーしてから商品を購入すると、期間中の合計購入金額に応じてポイントの倍率が最大10倍となるキャンペーンだ。

これにより、「楽天市場」で実施している既存のポイントアッププログラムなどと合わせると、買い物金額に応じたポイント付与率が最大44倍となり、ユーザーはお得に買い物を楽しむことができる。

イタリアの家電ブランド「デロンギ」のエスプレッソマシンや、カメラブランド「ニコン」の一眼レフカメラなど、ブラックフライデーにちなんで黒色のセール商品をピックアップしているのにも注目だ。

Rebatesでは国内外で人気のブランドの特集ページを掲載

「Rebates」では11月29日(金)から12月2日(月)の期間中、「Rebates ブラックフライデー」 として、提携する国内外のECサイトのセール情報を掲載する特集ページを開設する。

「Rebate ブラックフライデー」の特集ページから事前にエントリーし、期間中に合計5,000円以上(税抜)の買い物をしたユーザーに対し、抽選で100名に5,000ポイントの「楽天スーパーポイント」が当たるキャンペーンを実施する。

特集ページでは、オーガニック商品を中心に1,200以上の人気ブランドを扱うオンラインショップ「iHerb」やスポーツブランド「ナイキ」、パソコンなどを取り扱う「レノボ」など、ブラックフライデー期間中にセールを行う人気ブランドの公式サイトをまとめて紹介する。

年末商戦の幕開け、ブラックフライデーに今年も注目

ブラックフライデーは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日を指し、米国の小売業界における年末商戦の幕開けとして有名だ。

昨年開催した「楽天市場」におけるブラックフライデーキャンペーン期間中の日別売り上げは、同月のキャンペーン期間外の日別平均売り上げの約1.4倍を記録。

「Rebatesブラックフライデー」においても、昨年のキャンペーン期間中の売り上げが、同月のキャンペーン期間外の週間売り上げの約1.6倍を記録した。

2019年の今年は、ついにAmazonもブラックフライデーセールを日本で初めて実施している。

特に増税直後の日本では、キャッシュレス決済によって割引となる商品もあるだけに、今回のブラックフライデーセールがEC市場の記録を大きく塗り替える可能性にも期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事