インアゴーラ、総額53億円の資金調達。日本と中国をつなぐ越境ECの強化へ

ECのミカタ編集部

インアゴーラ ホールディングス株式会社(本社:東京都港区/代表:翁永飆 、以下「インアゴーラ」)は、総額53億円の資金調達を完了したことを発表した。
同時に、引受先のひとつであるスギホールディングスの子会社、株式会社スギ薬局(本社:愛知県大府市/代表:杉浦 克典 、以下「スギ薬局」)および信金控股を通じたCITICグループ各社と業務提携契約を締結した。

業務提携によって中国人顧客の獲得へ

今回の業務提携により、インアゴーラは、金融、エネルギー、小売り、不動産、情報や出版などの事業を傘下に持つ中国国有のコングロマリットであるCITICグループの全面的な協力を得られることになる。

信金控股を通じたCITICグループ各社と多様な連携を進め、CITICグループの顧客に対して「豌豆公主(ワンドウ)」の優待情報の発信や「豌豆公主(ワンドウ)」で取り扱う越境商品の提供、販促キャンペーン、イベントなどの展開を実施し、新たな中国人顧客の獲得および販売チャネルの拡大を図る。
各連携を通じて、CITICグループの顧客サービスの拡充に貢献できるよう努める所存だ。

業務提携でスギ薬局のインバウンド事業を強化

また、スギ薬局との業務提携契約により、資金を調達すると同時にスギ薬局のインバウンド事業を強化。

中国人消費者のニーズおよび消費動向などに関する知見や中国マーケティングにおけるノウハウをスギ薬局に提供し、スギ薬局の日本国内店舗における中国人観光客などの誘致や購入促進、 ブランディングをサポートする。

今後、WeiboやWeChatなどの中国SNSやKOLを活用し、情報やコンテンツの企画・制作・発信を行うほか、スギ薬局と共同で、中国人観光客に向けたスギ薬局店舗の品揃え、商品陳列、顧客対応などの企画にも携わる予定だ。

スギ薬局が展開する越境ECを担い、中国国内におけるマーケティングおよびブランディングをサポートするとともに、スギ薬局と共同で、インアゴーラが運営する越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」を通じて中国国内のアーリーアダプターにもアプローチ。

第一弾として、2020年春よりスキンケア商品「プリエクラ」を「豌豆公主(ワンドウ)」を通じて、中国の顧客向けに販売する予定だ。

日本と中国をECでつなぐ「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」

中国消費者向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」は、日本の企業と中国消費者を結ぶ上での課題を解決する、ワンストップソリューション型のB to B to C越境ECプラットフォームだ。

中国消費者向け日本商品特化型越境ECショッピングアプリとして2015年8月にリリースされた越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」も流通総額を急速に伸ばしており、中国消費者に日本商品や企業ブランドの魅力を伝えている。

インアゴーラは日本企業と中国消費者間の文化的ギャップを吸収するべく、「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」の業務運営の全工程を担っている。

日本の企業はインアゴーラの日本国内倉庫に商品を配送するだけで、国内ECショップを1店舗追加するよりも簡単に、巨大な中国市場に進出することが可能。

今回の業務提携によってインアゴーラのサポート範囲が広がり、より多くの日本企業と中国消費者がつながることが期待される。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事