マーケティングオートメーション6社を徹底比較 顧客ニーズの最適化

ECのミカタ編集部 [PR]

マーケティングオートメーションとはデーターベースをもとに一人一人を分析し、最適なメルマガや広告などのアクションを導き、自動で行ってくれるシステムで、顧客属性や購買履歴などから次にその顧客が求める商品が想定でき、購入への確度を高めることが可能である。
今回は、サービスを提供している6社の特徴をまとめたので自社の悩みに合ったマーケティングオートメーションツールを選ぶのが良いだろう。

うちでのこづち

「うちでのこづち」は株式会社E-Grantが提供するEC・通販特化型のCRMツールです。500社以上の導入実績があり、数値の抽出だけでない視覚的に課題が特定できる「わかりやすいUI」や導入後のCRM運用までの「手厚いサポート」も特徴。EC・通販システム(顧客・注文・商品データなど)との自動連携により、EC通販サイトがCRM施策を実施するのに必要な機能を備えています。



MOTENASU

『MOTENASU』は、株式会社FIDが提供する顧客に特別感を演出する“おもてなし”の気遣いを取り入れた次世代型マーケティングオートメーションです。基幹システムと連携させるだけで、簡単手軽に利用できマルチチャネルによるマーケティングが可能です。その他、CVを高めるEFO機能付きの入力フォームを簡単に設置できたり、オンライン上ではリーチできない層へアプローチできるDM施策を実施できます。デジタルとアナログとの融合でより効果的な施策にしていくことが可能です。



カスタマーリングス

「カスタマーリングス」は株式会社プラスアルファ・コンサルティングが提供する、500社以上の導入実績から培ったCRMノウハウと分析技術を凝縮したMAの2つを融合させた、統合マーケティングプラットフォーム。機能として様々なシステムと連携できるのはもちろんのこと顧客のセグメントやデータ分析、顧客へのアクションまで行えるためユーザーに対して良質な顧客体験を実現させることが出来る。導入・運用でのサポートをしてくれるところも実績をあげている要因といえるだろう。



SATORI

「SATORI」はSATORI株式会社が提供しているマーケティングオートメーションで、SATORIではリードを増やすこと、リードとコミュニケーションを取ること、リードを一元管理することが出来るなどリードジェネレーションに強いのが特徴。他にもテレアポを効率化してくれたりアクセス履歴を獲得したりなど高度なマーケティング施策を実行できることから700社以上の企業に導入されているサービスであるため人気もうかがえる。




記者プロフィール

ECのミカタ編集部 [PR]

ECのミカタ編集部。
ECのミカタに掲載しているサービス資料をもとに紹介しています。

サービス資料の掲載をご希望の方は、下記にお問合せくださいませ。
info@ecnomikata.co.jp

ECのミカタ編集部 [PR] の執筆記事