ディノス・セシール、スタートアップ企業・スリーアイズに出資。高精度なネット広告配信に貢献

ECのミカタ編集部

株式会社ディノス・セシール(本社:東京都中野区/代表:石川順一、以下「ディノス・セシール」)は、スタートアップ企業・株式会社スリーアイズ(本社:山形県米沢市/代表:牧之内隆大、以下「スリーアイズ」)に対して、第三者割当増資引受により出資することを発表した。

国内でもトップクラスの自然言語解析技術を広告事業に活用

今回ディノス・セシールが出資するスリーアイズは、高精度なコン
テンツマッチングを行うネット広告配信サービス「Candy」を提供している。

Cookieをベースとしたネット広告事業者とは異なり、コア技術である自然言語解析によって、Web上の自然言語・一般知識・トレンドを理解するAIが、よりマッチしたコンテンツをユーザーに提供する。

この非常に優れた自然言語解析技術は国内でもトップクラスと判断される。
さらにその技術力を広告事業へと落とし込んだことで、ビジネスとしての成長性の高さも勘案し、今回の資金調達に応じることとなった。

ユーザーニーズの把握と個人情報保護を両立

昨今、世界中でネット上の個人情報保護の動きが顕著となっており、ITPやGDPRといったデータプライバシー規制に関するニュースが、日本でも大きな話題となっている。

スリーアイズでは創業以来、こうした個人情報の利用に紐付くWebマーケティング市場とは一線を画し、ネット上におけるユーザー嗜好マーケティングと個人情報保護の両立を目指した、新たな情報レコメンド技術を確立・向上させ続けていることで注目を集めている。

Webユーザーに対して本当に価値のある情報を届ける

ディノス・セシールが展開する通信販売事業においては、チャネルとしてのECの割合が拡大しており、アナログツールとの組み合わせも含め、様々なデジタルマーケティング施策に注力している。

そんな中でもスリーアイズが提供する技術・サービスは、Webコンテンツの内容そのものの解析を重視することから、Webユーザーに対して本当に価値のある情報を届けることを可能とする新たなソリューションだ。

ディノス・セシールでも既存顧客に対してはもちろん、新規顧客に対するアプローチとしても非常に有効であると評価した。

引き続きディノス・セシールは、自社の事業とも将来的に連携の可能性があり、さらに社会全体の課題解決にもつながるような「最先端」の事業領域に対し、今後も積極的な投資を検討していく所存だ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事