丸井とメルカリ、業務提携へ。リアルとネットで顧客体験を拡張

ECのミカタ編集部

株式会社丸井(本社:東京都中野区/代表:青木正久、以下「丸井」)と株式会社メルカリ(本社:東京都港区/代表:山田進太郎、以下「メルカリ」)は2020年2月20日、業務提携契約を締結した。

マルイの顧客がメルカリに、メルカリの顧客がマルイに

今回の業務提携によって、マルイの顧客がメルカリを、メルカリの顧客がマルイを利用しやすくなり、相互送客が可能となる。

マルイ店舗や、ECサイト「マルイウェブチャネル」においてメルカリグループの各種ソリューションと連携し、両社の事業拡大とともに、顧客の利便性や提供サービスのさらなる向上をめざしていく。

業務提携概要

業務提携の内容は主に3つだ。

1)「メルカリステーション」の出店
メルカリ初となるリアル店舗「メルカリステーション」を今春新宿マルイ 本館に出店する。
「メルカリ」の使い方が学べる「メルカリ教室」や、出品したい商品が撮影できるブース、「メルカリ」で売れた商品を投函するだけで発送できる「メルカリポスト」などを設置した、「メルカリ」を体験しながら学べる店舗となる。
運営は、売場運営や接客のノウハウを持った丸井の社員が担当する。

2)「メルペイ」決済の導入
2020年4月より、新宿マルイ 本館はじめ数店舗で「メルペイ」決済の導入を予定している。
今後は、マルイ全店および「マルイウェブチャネル」への拡大や、「メルペイ」決済に連動したクーポン施策なども検討している。

3)データの連携
「マルイウェブチャネル」と「メルカリ」のデータを連携したソリューションを検討中。
顧客が「メルカリ」のアプリで商品検索をするとき、「マルイウェブチャネル」の取り扱い商品を表示して商品の選択肢を増やしたり、「マルイウェブチャネル」での購入履歴をメルカリの商品リストと連携させ、より簡単に出品ができるようにするなど、顧客の利便性向上を目的としたさまざまな施策を検討していく。

リアルとネット双方の強みをかけ合わせる

ほかにも、梱包・出品サポートの設置や、「メルカリステーション」のマルイ全店への出店拡大、さらに、データ連携によるマーケティングやESGに関するイベントなども検討中だ。

今回の業務提携により、丸井とメルカリは様々な取り組みを推進し、リアルとネット双方から一次流通と二次流通を連携させ、顧客体験の拡張をめざしていく。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事