紙・DM・メール・LPをパーソナライズ化できる オンラインとオフラインをあわせた施策をトータルに支援するサービスを提供

ECのミカタ編集部

株式会社小松総合印刷(所在地:長野県伊那市横山10955-1、代表取締役:小松肇彦)は、個々人向けにパーソナライズされた紙・DM・メール・LPを組み合わせたオンラインとオフラインをまたがる販促企画サービスについて紹介している。

施策のROIを測定・改善することができる

販促企画のなど促支援事業を手掛ける小松総合印刷は、個々人向けにパーソナライズされた紙・DM・メー・LPを組み合わせたオンラインとオフラインをまたがる販促企画の提案を行っている。

同社によればアナログとデジタルそれぞれの良さを活かしながら相互に組み合わせることで、顧客には一貫したパーソナライズ体験を提供しながら施策のROIを測定・改善することができるという。

サービス概要

同社がまとめるサービスの「3つの特長」は次の通りだ。

◆1:紙・DM・メール・LPのすべてをパーソナライズ化

オンとオフをまたがる複雑な施策でも同じデザインや統一感をもたせて実施することで顧客の意識を継続的に引きつけることができる。さらに同社マーケティングオートメーションシステムDMAを使うことでパーソナライズ化された媒体を連動させ、予め設定したシナリオ通りに各施策が自動実行される。

◆2:紙でもDMでも自由自在にパーソナライズができる

オフセット印刷機と遜色が無い色味を再現できるデジタルオフセット印刷機を使用。さらには専用プログラムを開発、組み合わせることで完全一点モノの紙DMを量産できる。またDMは最短翌日投函も可能で、デジタル施策のスピードに合わせて紙DMを使うことができる。

◆3:LPもパーソナライズ化

名前を入れたり、属性に合わせて表示する画像を変更したりと専用LPを用意できる。紙・DMもしくはメールと組み合わせたり、LPにフォームを組み合わせてアンケートなどを実施することもできる。また同社のデジくじをセットすることで、スマホでくじを引くことも可能だ。来店促進、ECサイトでの割引クーポン発行などに活用できる。

必要な施策支援をトータルにカバー

EC市場をはじめとしてマーケティングやプロモーションの手段としてオンラインとオフライン双方を組み合わせた施策は重要だ。またそれぞれの顧客にあわせてパーソナライズされた対応はロイヤリティ醸成の面でも一定の効果が期待できる。こうした施策に関してワ総合的に対応できる同社は、地方に所在しながらも大きなアドバンテージを持っていると言えそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事