緊急事態宣言下で消費が伸びたもの・減少したものは?「Yahoo!ショッピング」のデータから分析【ヤフー】

ECのミカタ編集部

ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区/代表:川邊健太郎)は、自社の独自サービス、ヤフー・データソリューションにてYahoo!ショッピングのデータを利用し、「消費が増加しているもの」「消費が減少しているもの」についてレポートを作成、発表した。

最も伸びている「ダイエット、健康」、意外な伸びを見せる「ゲーム、おもちゃ」

2020年4月から5月のGW明けの期間で、取扱高の前年度比率を伸び率として、Yahoo!ショッピングの第一階層カテゴリ毎にランキングを作成した。

一番伸びているカテゴリは「ダイエット、健康」で約4.0倍、その次に「本、雑誌、コミック」が約2.0倍、次いで「ゲーム、おもちゃ」が約1.7倍となりました。伸びが弱いカテゴリは「CD、音楽ソフト、チケット」「スポーツ」「ファッション」などとなった。

「ダイエット、健康」カテゴリではマスクやハンドソープなどの衛生用品が大半を占めている。
自粛時間を有意義に過ごす「本、雑誌、コミック」が伸びているのも当然の結果といえる。

一方で興味深いのが、「ゲーム、おもちゃ」の第二階層カテゴリ上位に入っているアイテムだ。
1位・2位の「パズル」・「ボードゲーム」の伸び率が大きく、週末やGWのおうち時間を楽しむために購入したことが想像される。

3位の「おもちゃ」カテゴリをもう少し詳しく見てみると、「ブロック」と「バーチャルペット」が前年度比約3.7倍と伸びており、子供と自宅で過ごすための知育玩具や、一緒に過ごせるペットロボットを求める人が増えていることがわかった。

感染防止対策に?意外な伸びを見せるファッションアイテム

伸び率が弱い「ファッション」カテゴリでは、外出自粛となり洋服を買わない人が増えるかと思われたが、予想外のアイテムの売上が伸びている。

春先にも関わらず「スヌード・ネックウォーマー」が伸びているのは、マスクの代替品であると想像される。
「スポーツ」カテゴリでも同様な傾向がみられ、散歩や買い物はもちろん、ランニング中のマスクの代替品としてネックウォーマーやネックゲイターを装着するなどの工夫をする人が多いようだ。
その他「ネックストラップ」「手袋」も除菌や感染防止対策として購入されていることが想像される。

他には「ルームウェア・部屋着」が2.85倍、「パジャマ」が2.64倍となっており、自宅や自宅近辺で過ごすための服を追加購入したり、オンライン会議で映るためのリラックスできるがある程度しっかりして見えるルームウェアを購入している様子がうかがえる。

反対に、「ファッション」カテゴリにおいて伸びていないカテゴリは、「パーティードレス」で前年同月比80.6%減と大幅に減少。
外出自粛に伴い、結婚式や新年会などが自粛されたからと想像され、「着物」「セレモニースーツ」も同様に50%近く減少している。

家電カテゴリは自粛時間を有意義に過ごすアイテムがメインで伸びている

自宅で過ごす時間が増えたことで需要が伸びたと言われる「家電」については、加湿器・ミシンなどの「コロナウイルス関連」、炭酸水メーカー、ホームベーカリーなどの「自宅ごはんの充実関連」、スチーマー、頭皮エステなどの「おこもり美容」、電気バリカン、ネイルポリッシャーなどの「セルフケア関連」が特徴として伸びていることがわかった。

3食の食事をすべて自宅で食べることが増えるために楽しく簡単に済ませるための工夫としてホットサンドメイカーやホットプレートを買っていたり、たくさん時間がある中でホームベーカリーでパンを焼くことを楽しんでいる人がいる様子がうかがえる。

また、せっかくのおうち時間をおこもり美容の時間にあてて、有意義な時間を使っている人もいることがわかった。

ネットショッピングで有意義な自粛時間を

カテゴリの詳細を細かくみていくと、家での生活をより楽しく・快適に過ごす工夫を見て取ることができる。
外出自粛の期間もまだまだ続く中、ネットショッピングを活用して工夫しながら過ごしていく人が増えるだろう。

ヤフー・データソリューションでは、今後も新型コロナウイルス感染症対策やその影響の分析に役立つ調査レポートの発信を行っていく予定だ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事