約5,000人の生活に密着したデータにアクセスできる 消費者調査『YouGov Profiles』日本版の提供を開始

ECのミカタ編集部

株式会社 日本リサーチセンターは、新たなデータプラットフォーム「YouGov Profiles」の提供を開始することを公表した。

より精細な消費者分析が可能に

日本リサーチセンターは、新たなデータプラットフォーム「YouGov Profiles」の提供を開始する。「YouGov Profiles」は、消費者の生活・行動を詳細に描き出し、消費者セグメンテーションとメディア・プランニングを可能にするソリューションツールだ。同社はYouGov PLC(本社:50 Featherstone Street, London, EC1Y 8RT、以下「YouGov」)との日本における独占販売パートナーシップの下、同プラットフォームをサービスインさせる。

「YouGov Profiles」はまた、オンラインシンジケート調査のデータを使って、消費者の生活・行動を詳細に描き出し、消費者セグメンテーションとメディア・プランニングを可能にする。同社では、このツールを活用することで、ターゲットとなる消費者を特定し、広く深く理解し、いつ・どこでリーチすべきかなどの分析を、精緻かつスピーディーにできるようになるとしている。

質問項目の例

◆個人属性

性別、年齢、居住地、職業、年収、婚姻状況、子供の有無、子供の年齢など

◆消費行動

よく利用するスーパー、所有しているスマートフォンの機種など

◆ライフスタイル

応援しているスポーツチーム、贈り物に使う金額など

◆接触するメディアの種類や頻度

購読している新聞、雑誌を読む頻度、よく見るテレビ放送など

◆デジタルメディアやソーシャルメディアの利用状況

各種SNSの利用頻度や目的など

◆性格・価値観

食、健康、環境、メディア、広告、テクノロジーなど様々な価値観に対して、同意するか否かを5段階で聴取

約5,000人の回答にアクセス可能

同社はまた「YouGov Profiles」では、生活・行動全般に関する約5,000人の1,100超の質問項目への回答データにアクセスすることが可能だとしている。またプラットフォーム上で属性別の集計やグループ比較、ビジュアル化等も手軽に行うことができるという。なお調査は定期的に実施されるため、消費者の最新の動向をつかむことが可能だ。

サービス提供に際して同社ではさらに次のように述べている。

「ブランド戦略の観点からも、既に提供開始している『YouGov BrandIndex』と併せてご利用いただくことで、Profilesでの回答内容に応じて消費者を分類したうえでブランド・トラッキングが実施でき、ブランドのターゲット戦略やメディア戦略の策定など、マーケティングの意思決定を促進することができる有用なサービスです」

日々進化するマーケティング手法とそれを可能とするツールとデータ。そこではECビジネスを成功に導くためにも、より高精度な分析が大きな力を発揮する。今回、提供が開始されるソリューションが、同分野で示していくであろう存在感に視線を送りたい。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事