データから消費行動を読みとり、マーケティングに落とし込むR&Dプロジェクト発足

ECのミカタ編集部

PROJECT GROUP株式会社は、一般財団法人 未踏医科学研究財団および株式会社みらいリレーションズと消費者行動の様式変化を解析し、実購買までのマーケティング活動に落とし込む横断的マーケティングR&Dプロジェクトを立ち上げる。

3社の連携で消費者行動を解析し、マーケティングに反映

3社が連携して開発を進めるマーケティングR&Dでは、マーケティング仮説検証モデルを持続的に進化させていくことを目指している。グーグルアナリティクスからのデータ、商品自体の説明文書、商品レビュー、口コミ、SNSや動画サイト等における企業側のアクションと消費者のリアクション変化などを統合的に解析。

本プロジェクトの開始にあたり、東京工業大学・名誉教授 寺野隆雄氏が未踏医科学研究財団理事ならびに、みらいリレーションズのアドバイザーに就任することも決定した。

大学と共同で先端技術を社会実装に導く2つの組織

株式会社みらいリレーションズは、みらい創造機構のビジネスサイドがスピンオフして発足したものだ。みらい創造機構は東工大関連ベンチャーキャピタルファンドであり、東工大の持つ技術特許や人材との連携を推進する。アカデミアの先端技術の社会実装を推進することがメインだ。

一方、一般財団法人未踏医科学研究財団は先端技術の研究を進める著名な研究者・大学教授を迎え入れ、アカデミア医科学の知見や技術を参考に新たな仮説検証を行う共同研究を東大と行っている。

マーケティング分析の手法をランクアップ

企業におけるマーケティング分析の一般的な手法は、統計的な解析が中心で消費者行動の傾向値を捉えることにとどまり、消費者ニーズと商品・サービスの適合性や、新たな消費者ニーズの発掘といった、マーケットインサイトの抽出には多くの課題を抱えている。

この課題の解決のため、アカデミアの研究成果である科学的エビデンスと消費者情報とビジネス実装のサイクルを加速すべく、個々の消費者の行動様式と情報を結び付ける新たなマーケティング手法のR&Dプロジェクトを立ち上げるとともに、新たなデータ解析モデルの開発を推進している。

新しい生活様式も提示され、日々目まぐるしく変化する消費者行動をしっかりとキャッチすることが、マーケティングの肝となるだろう。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事