アドエビスがYahoo!広告の広告コスト自動取得機能の提供を開始 Googleなど計6媒体の広告データに対応へ

ECのミカタ編集部

株式会社イルグルムは、「アドエビス」において「Yahoo!広告」の広告データ自動取得を開始する。

Googleなど計6媒体の広告データ自動取得が可能に

イルグルム社は、マーケティング広告効果測定プラットフォーム「アドエビス」において「Yahoo!広告」の広告データ自動取得を2020年7月15日より提供を開始する。今回のリリースでは、ヤフー株式会社が提供する広告・サービスのリニューアルに伴い、新たにYahoo!広告と連携を行ったそうだ。これにより、すでに連携済みのGoogle広告をはじめ、計6媒体の広告データの自動取得が可能となる。

◆連携済み媒体

Google広告 / Facebook / Instagram / Criteo / Twitter / Yahoo!広告(New)

「広告データ自動取得機能」概要

◆広告データの集計を効率化する「広告データ自動取得機能」

アドエビスでは、連携する媒体情報を設定するだけで広告データの自動取得が可能な「広告データ自動取得機能」を提供。設定の翌日から日次でデータを自動取得し、管理画面上に表示する。

自動取得した各種広告データはダッシュボードに反映され、これまでデータの集計や加工にかかっていた時間を大幅に短縮するだけでなく、視覚化による迅速な現状把握を後押しする。

ダッシュボードでは、CPAやROASといった主要指標の進捗状況をはじめ、コストの消化状況や月末時点の着地見込みなど、広告の成果判断に必要な各種情報を確認することができる。取得した広告データは、施策の評価や予算配分の最適化にも活用でき、スピーディーかつ効果的な意思決定をサポートする。

新時代のビジネスを加速させる『アドエビス』

新時代のビジネスを加速させるマーケティング効果測定プラットフォームアドエビス。ユーザーのプライバシーに配慮したデータの取得、複雑に相関する広告データやサイト来訪者データの集約、誰もがわかるレポーティングを通じて、さまざまな事業体を支援してきた。今回のリリースを通して、さらにその機能を充実させ、その価値を高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事