アライドアーキテクツ、ラオックスと業務提携。中国向け販売パッケージを提供開始

ECのミカタ編集部

アライドアーキテクツ株式会社は7月17日(金)、ラオックス株式会社と業務提携を行ない、ラオックスの主要株主である中国最大級の小売企業・蘇寧易購グループの中国販売ネットワークを活用した中国向け販売パッケージの提供を開始した。

中国向け販売パッケージの内容

このたびの業務提携により、広告主企業に対して越境EC、インバウンド、中国への商品の輸出といった幅広い支援が可能となる。

1)日本国内店舗での販売パッケージ
 ラオックスは、Laox道頓堀店の一部の棚をプロモーション対象商品のブランディング・テスト販売に使用。ラオックスおよびアライドアーキテクツは日本国内のSNSを活用したブランディング・販促・プロモーションを行い、売り場づくりからプロモーションを一体化させることにより、店頭での売上拡大に繋げる。訪日観光客数の回復とともに、訪日外国人観光客からの売上拡大が見込める。

2)越境EC、中国への商品輸出パッケージ
ラオックスが運営している中国越境EC旗艦店に商品を出品することで販路を開拓し、ラオックスが毎週開催しているライブコマース配信で商品の販売を行う。

一方、アライドアーキテクツは中国SNSを通じた口コミ生成、KOL活用をはじめとしたマーケティング支援を実施。ライブコマース配信での販売結果や在日中国人ユーザーのアンケートをもとに、中国消費者のニーズ把握やラオックスの主要株主である蘇寧グループの販売ネットワークを活用した販路開拓が可能となる。

今回の業務提携を機に、中国販売マーケティングを解説し、今後の成長戦略を紹介するオンラインセミナーの開催も予定している。

業務提携によって、3社の力を組み合わせたマーケティング支援を可能に

今回の業務提携により、「ラオックスのインバウンドにおける集客力」「蘇寧グループの中国本土での販売ネットワーク」「アライドアーキテクツの中国SNSを活用したマーケティング力」を組み合わせて、インバウンド、越境EC、中国への商品輸出といった中国向けマーケティング支援が可能になる。

インバウンドにおける集客力の強いラオックスは、"グローバルライフスタイル"を体現したモデル店舗となっている道頓堀店の棚にプロモーション対象商品を置くことで、ブランディング向上や中国展開前のテスト販売による販売検証を可能とする。

ラオックスの主要株主である「蘇寧グループ」は中国最大級の小売企業。

2019年の売上高は前年比約10%増加し、急成長した日用品分野と家電の2本柱を軸に、EC分野においても中国第4位のシェアを誇っている。中国本土において強力な販売ネットワークを保有しているのが強みだ。

アライドアーキテクツが提供する中国SNSを活用したマーケティングソリューションによって、中国向けのブランディング、話題づくり、口コミが全くない状態からの新規創出、または拡大を効率的に行うことも可能となる。

訪日客が99.99%減…迅速な施策が求められる

経済産業省が発表した「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、世界の越境 EC 市場は2018年で6,760 億米ドル、2020年には9,940億米ドルにまで成長すると予測されており、特に世界中の消費者が中国市場に注目している。

一方で、インバウンドにおいては訪日客が前年比99.99%減と衝撃的な数字となり、今後の中国展開において総合的なマーケティング施策を迅速に行なっていくことが、これまで以上に重要になると考えられる。

アライドアーキテクツは、現在行なっている日本企業の中国向け越境EC、インバウンド施策におけるマーケティングプロモーション領域の支援だけではなく、さらに幅広い支援を円滑に実施し、日本の広告主企業の中国向けマーケティングにおける成果向上に寄与するため、このたびの業務提携に至った。

今後も日本企業の中国向けマーケティング施策における、更なる成果向上や価値の提供に貢献していく所存だ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事