「PayPay」導入を容易にする開発者向けツール「PayPay for Developers」提供開始

ECのミカタ編集部

PayPay株式会社は、自社で運営するECサイトやアプリなどオンラインサービスの決済システムとして「PayPay」を簡単に導入できる開発者向けツール「PayPay for Developers」を2020年7月29日より提供開始する。

「PayPay for Developers」でPayPayの導入を容易に

自社でECサイトやアプリを運営している企業は、決済システム開発に「PayPay for Developers」を利用することで、「PayPay」を導入する際の手順や開発工数、動作を事前に確認でき、これまでよりもスピーディーに「PayPay」を導入することが可能となる。

小規模な自社サイトを運営する企業でも「PayPay for Developers」のサイト上で提供している開発環境や開発サポート機能を利用することで、手軽に「PayPay」を使ったオンライン決済を導入することができ、決済システム開発の導入工数を大幅に削減することができる。

「PayPay for Developers」4つのポイント

1)「ウェブペイメント」機能
「PayPay」の支払い画面を表示して決済を行う機能。

「ウェブペイメント」は、ユーザーがECサイトなどを利用する際に、パソコンやスマートフォンなど複数の端末で利用する場合や、アプリとブラウザの両方で利用する可能性がある場合に適している。

2)「ネイティブペイメント」機能
事前に連携したPayPayアカウントで支払う機能だ。

ユーザーが事前にPayPayアカウントを自社サービス上で連携することにより支払いが可能になり、「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」などで活用されている。自社サイトのアカウント情報とPayPayアカウント情報を連携することで利用でき、より安全な決済システムであるために導入時のセキュリティー要件を定めている。

3)「動的ユーザースキャン」機能
自社サイト上でPayPay決済ができる動的QRコードを表示する機能。

「PayPay」で支払うことができるQRコードを動的に表示する機能で、タブレットやテレビ画面などに表示して支払いを行う場合、自動販売機で支払いを行う場合、請求書の支払い方法としてQRコードの印刷が必要な場合など、さまざまな利用状況での活用が期待できる。

4)「アプリコール」機能
PayPayアプリを呼び出して決済をする機能。

支払い時に自社が運営するECサイトやアプリからPayPayアプリを起動して遷移し、決済を行うことができるので、自社サービスの支払いがスマートフォンで行われる場合に活用可能だ。

オンライン決済にPayPayを導入するには、「PayPay for Developers」に登録、および加盟店申し込みが必要となる。

累計3,000万人を超えるPayPayユーザーに使いやすく

「PayPay for Developers」では、システム開発者向けに、自社で運営するECサイトやアプリ上で、「PayPay」とAPI連携させ、「PayPay」を利用したオンライン決済ができるシステムの実装方法を公開している。API連携方法や実装方法の公開だけでなく、開発者が実際に「PayPay」を利用して決済を行い、API連携時の挙動をリアルタイムで確認することができる安全な開発環境も提供。

日本国内でこのようなオープンAPIとリアルタイムに動作確認ができる開発環境を搭載した開発者向けサイトを提供することは、PayPayが初めてだ。すでにオンライン決済で「PayPay」が利用可能な加盟店は、全国12万カ所を突破しており、大手企業にもAPI連携を通じたオンライン決済を提供している。

「PayPay for Developres」を利用して、オンラインでも「PayPay」決済ができる加盟店を増やすことで、累計3,000万人を超えるPayPayユーザーに対してさらなる利便性を提供し、スーパーアプリ化を推進していく所存だ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事