4時間の納品書作成時間が3分に!「CO-NECT(コネクト)」導入実績

ECのミカタ編集部

CO-NECT株式会社(本社:東京都品川区/代表:田口雄介)は、青果卸売業の菜々や(本社:大阪府堺市/代表:鎌田浩幸)が、BtoB受発注システム「CO-NECT(コネクト)」を導入し、1日あたりの納品書作成時間を4時間から3分に削減できたことを発表した。

BtoB受発注システムCO-NECT

BtoB受発注システムCO-NECTは、CO-NECT株式会社が提供する受発注システムだ。
FAXや電話といった従来のアナログな受発注業務を、デジタル受発注に簡単に置き換えられる。

発注側はスマホやPCから数クリックで発注でき、受注側もインターネットが繋がる環境であればどこでも注文を受けることができる。

4時間かかっていた作業をワンクリックで完了

今回導入を実施したのは、青果卸‟菜々や”。
代表である鎌田氏は、FAXで1日数十件くる注文に対し全て手書きで納品書を作成し、1日4時間前後を費やしていたという。

深夜24時に起床し市場に行く4時までに納品書を作成する多忙な日々を送っており、毎日のルーチンワークである同作業をなんとか効率化できないかと、今回受発注システムCO-NECTの導入に至った。

CO-NECTには受注内容に基づいた納品書の自動生成機能があり、同日の受注分を一括でダウンロードできるため、4時間かかっていた作業がワンクリックで完了。
データのダウンロード時間を鑑みても、98%削減の3分程度で納品書が完成し、鎌田氏の起床時間も4時間遅らせることができた。

アナログな受発注業務を「CO-NECT」でスマートに

実際に導入した菜々やの代表、鎌田氏もこの結果には満足している。

「CO-NECTを導入して、納品書作成がすごく楽になりました。またどこにいても注文内容を確認できるので、市場に直行したり、市場で追加の注文を確認できて便利です。お客様からも同じ意見があって、家や電車でも発注ができて便利と喜びの声が上がっています」

CO-NECT株式会社はアナログな受発注業務に悩む人たちを、「ユーザーのITリテラシーの高低に左右されず使えるBtoB受発注システム「CO-NECT」を通じて後押ししていく所存だ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事