国内初AmazonのEC商品受け取りサービス 「Amazon Hub」スタート

ECのミカタ編集部

グランドデザイン株式会社(本社:東京都港区/代表:小川和也)および株式会社遠鉄ストア(本社:静岡県浜松市/代表:宮田洋)は、遠鉄ストア27店舗においてAmazonのEC商品の受け取りが可能なサービス、「Amazon Hub ロッカー」「Amazon Hub カウンター」を開始する。

Amazon Hub ロッカー概要

Amazonで商品購入時に受取場所にロッカーを指定し、ロッカーで受取用バーコードをかざすと商品を受け取ることができる。

2020年8月7日(金)時点でのロッカー設置店舗は以下の13店舗。

遠鉄ストア 向宿店、立野店、新橋店、南浅田店、東伊場店、磐田店、見付店、西ヶ崎店、笠井店、天王店、きらりタウン店、桜台店、大平台店

利用時間は、当面は店舗の営業時間に準じる。

Amazon Hub カウンター概要

Amazonで商品購入時に受取場所にカウンターを指定し、遠鉄ストアのサービスカウンターで受取用バーコードを係員が読み取って商品を渡すことが可能になる。

2020年8月7日(金)現在、カウンターでの受け取り可能店舗は以下の14店舗だ。

遠鉄ストア 富塚店、佐鳴台店、浜北店、初生店、高林店、西伝寺店、竜洋店、池田店、浅羽店、祝田店、大人見店、泉店、篠原店、豊川店

こちらも利用時間は店舗の営業時間に準ずることとなる。

日本国内初の取り組みで再配達問題等の社会問題解決に

遠鉄ストアは今回、Amazon Hubのロッカーおよびカウンター両タイプの受け取り方式に日本で初めて対応した。

地域顧客の利便性を図るとともに、昨今の再配達問題等の配送に関する社会問題の解消に貢献すると期待されている。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事