ブランディア、東南アジア・台湾最大級のECモール「Shopee」に出品開始、台湾やタイなど東南アジアでの販売を強化

ECのミカタ編集部

BEENOS株式会社の連結子会社であるブランド品宅配買取サービス「ブランディア」を運営する、株式会社デファクトスタンダードは、2020年8月18日(火)より東南アジア・台湾最大級のマーケットプレイス「Shopee」に出品し、台湾、タイでの販売を開始する。

オーダー数約80倍の急成長を遂げたマーケットプレイスで出品開始

Shopeeは東南アジア・台湾最大級とされるマーケットプレイス。
台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムの5地域ショッピングアプリダウンロード数No.1を誇り、2015年からオーダー数が約80倍と急成長を遂げている。

デファクトスタンダードはアジア圏への販売を本格的に開始すべく、BEENOSグループのクロスボーダービジネスのノウハウを活かし、Shopeeでの出品開始に至った。

まずは台湾、タイのユーザー向けに出店し、徐々に東南アジア各国へ広げていく所存だ。

海外マーケットプレイスも活用しているデファクトスタンダード

デファクトスタンダードは、これまで国内のマーケットプレイスとともに海外マーケットプレイス「eBay」にも出品し、海外では主にアメリカを中心に販売を行ってきた。

2018年にはeBayにおいて「セラー・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど、販売実績もある。

2020年7月にはフランスに拠点をもつ欧州最大規模の中古ブランド品マーケットプレイスである「Vestiaire Collective」との業務提携を開始するなど、海外への販路拡大を図っている。

海外販路でも高い品質を維持するために

デファクトスタンダードはラグジュアリーブランドの買取を強化すべく、2020年6月に恵比寿、2020年7月に新宿にて買取専門店をオープンした。

台湾とタイは親日国で日本の商品の人気も高く、中古ブランド市場の需要も高いため、ラグジュアリーブランドの販売チャネルとしても親和性が高いとの考えだ。

今後もBEENOSグループのクロスボーダー事業による、グローバルショッピングサービスのオペレーションノウハウやテクノロジーを活用し、さらなる海外販路拡大に注力する。

ブランディアで培った真贋ノウハウによる高い品質を維持し、海外販路にも適正価格で販売することで、顧客への買取価格に還元していく所存だ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事