auライブコマース番組で、よなよなエール『クラフトビールはじめてセット』販売数が1万セットを突破 高まる[EC×配信]の販売力

ECのミカタ編集部

「au PAY マーケット」でのライブコマース番組で紹介された、よなよなエール「クラフトビールはじめてセット」の販売数が1万セットを突破した。

2020年8月に最も売れた商品に

auコマース&ライフが運営する総合ショッピングモール「au PAY マーケット」アプリ内のライブコマースサービス「ライブTV」1周年記念特別番組“よなよなエール×ロンドンブーツ1号2号プレゼンツ「ロンブー淳の ほしぞら宴 in 星野リゾートBEB5軽井沢」”で紹介された、よなよなエール「クラフトビールはじめてセット」の同企画における販売数が1万セットを突破したという。

同社によれば、その結果「クラフトビールはじめてセット」は、「au PAY マーケット」ビール・ワイン・お酒カテゴリにおいて2020年8月に最も売れた商品となったそうだ。好評を受け、2020年9月23日20:00から、ヤッホーブルーイングのスタッフが自社商品の魅力を伝える特別番組の追加配信が決定された。

◆番組概要

[番組名]
1万セット販売記念!あなたもハマる!クラフトビールの世界
~au PAY マーケットで8月に最も売れたお酒をご紹介!~

[放送日時]
2020年9月23日20:00~21:00

よなよなエール「クラフトビールはじめてセット」概要

多様で個性的なクラフトビールの世界を一度に楽しめるクラフトビールセットとなっている。「よなよなエール」をはじめ、軽井沢限定の「軽井沢ビール クラフトザウルス」など、5種類のクラフトビールの飲み比べが可能。はじめての人でも、もっとクラフトビールを楽しめる入門書「クラフトビールのすゝめ」も1冊同梱される。

◆多様で個性的なクラフトビールを飲み比べ

柑橘類を思わせる香りとモルトの甘味が口の中に広がる「よなよなエール」。鮮烈で華やかなホップの香りと、パンチの効いた苦味がクセになる「インドの青鬼」。青りんごを思わせる香りとオレンジピールの爽やかな香りですっきりとした飲み口の「水曜日のネコ」など。1缶1缶の個性が異なるクラフトビールの飲み比べをすることができる。

◆クラフトビール入門書で学べる

クラフトビールをもっと楽しめる入門書「クラフトビールのすゝめ」を1冊同梱。「よなよなエール」をはじめとしたクラフトビールの紹介や、スタッフおすすめの料理とのペアリングなど、クラフトビールをより一層楽しむための情報を掲載。

◆軽井沢エリア限定販売の「軽井沢ビール クラフトザウルス」も楽しめる
 
軽井沢でしか手に入らない「軽井沢ビール クラフトザウルス」がセットに。
グレープフルーツを思わせる華やかなホップの香り。爽やかな苦みとモルトの甘みがバランスよく、上品でありながら先進的な印象を持つ新しい味わいとなっている。

◆ローソン限定販売の「僕ビール君ビール」入り!

レモンやマスカットを思わせるホップの香りを引き立たせながらも、苦味やアルコール度数を抑えて、軽快な飲み口を目指した逸品となっている。食事のタイミングはもちろん、自分だけの「リフレッシュ」の時間に寄り添う、軽やかなビールだ。

ライブコマースの販売力を示した

2020年7月30日に「ライブTV」1周年記念番組として、ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏、田村亮氏、タレントの井口綾子氏、お笑いトリオ「ニブンノゴ!」の森本英樹氏、アウトドア芸人の、たけだバーベキュー氏などの出演者がクラフトビール「よなよなエール」を片手にさまざまなテーマで語り合い、視聴者には飲み会に同席しているような感覚を楽しめる特別番組を配信し、数多くの視聴があったとしている。

その「ライブTV」1周年記念特別番組および、よなよなエール「クラフトビールはじめてセット」の好評を記念し、特別番組の追加配信がされることとなった。今回は、大人気製品「僕ビール君ビール」を加えたクラフトビール5種5缶セットを中心に紹介予定とのことだ。また、番組内ではヤッホーブルーイングのスタッフが「よなよなエール」「水曜日のネコ」「僕ビール君ビール」に合うペアリング料理の紹介を通じて、よなよなエール「クラフトビールはじめてセット」の楽しみ方を伝える予定だとしている。

EC市場においてもライブコマースの有効性が認識され、その活用の領域は広がっている。特に同社では、KDDIのモバイルプラットフォームと、そのライブコマースを組み合わせ、有名タレントなどを起用した番組が好評のようだ。そして番組での販売力が、今回もまた証左されたことになる。激変するEC市場だが、そこにおけるライブコマースの有用性は、今後もさらに高まることになりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事