サプライヤーの販路拡大をサポート 海外バイヤー向け販売サイト「NETSEA Cross-border wholesale」オープン

ECのミカタ編集部

株式会社オークファンの100%子会社である、株式会社SynaBiz(本社:東京都品川区、代表:武永修一)は海外展開を望むサプライヤーのニーズに応え、10月8日、海外バイヤー向け販売サイト「NETSEA Cross-border wholesale」をオープンした。

サプライヤーの販路拡大をサポート

国内最大級の卸プラットフォーム「NETSEA」は、国内に住所のある法人、もしくは個人事業主限定のサイトである。これまで、海外からのアクセスや海外ユーザーからの仕入れ要望が多くあったが、バイヤー登録ができないという欠点があった。

そこで、「NETSEA Cross-border wholesale」をオープンすることで、海外在住の法人もしくは個人事業主がバイヤー登録し、仕入れができるサイトとなり、NETSEAサプライヤーは、サイトを通じて海外への卸販売が可能となった。

また「NETSEA Cross-border wholesale」は、運営会社のSynaBizが、集客、翻訳、物流(輸出)、問い合わせなど海外販売に必要な機能を担うため、サプライヤーは指定の倉庫に納品をするだけで、海外への販路拡大を簡単に行うことができる。サイトは、英語、繁体字、簡体字の3言語に対応しており、今後はさらに拡大していくという。

EC支援ソリューションを展開する「オークファングループ」

オークファングループは、創業以来培った売買データとAI技術により、商品の時価を可視化し、企業在庫の価格と販路を最適化する予測モデルを構築。中小企業・副業/個人事業主を中心とした小売・流通業向けのトータルEC支援ソリューションを展開している。

ユーザーにとってはより簡単に新たな商品を仕入れることができるうえ、サプライヤーにとっても販路拡大が可能。海外販売においてネックとなる翻訳などの業務もNETSEAに任せられるため、今後もさらに利用者が増えることが予想される。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事