[SBPS×Zuora] GeForce NOW 決済システムとして採用

ECのミカタ編集部

Zuora Japan株式会社とSBペイメントサービス株式会社は、サブスクリプションビジネス・プラットフォーム「Zuora Central Platform」と、SBPSのオンライン決済サービスの連携を開始したことを公表した。

GeForce NOWで初採用

サブスクリプション管理プラットフォームのリーディングプロバイダである Zuora,Inc.(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)の日本法人 Zuora Japan株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 桑野 順一郎、以下「Zuora Japan」)と、ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 榛葉 淳、以下「SBPS」)は、世界で1,000社以上が利用するサブスクリプションビジネス・プラットフォーム「Zuora Central Platform」と、SBPSのオンライン決済サービスの連携を開始したことを公表した。

SBPSによれば、これにより「Zuora Central Platform」を利用する事業者はシステムを開発することなくSBPSのクレジットカード決済を利用できるようになるという。また、SBPSの決済サービスが連携された「Zuora Central Platform」は、ソフトバンク株式会社が提供するクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」で初めて採用されたとのことだ。

SBPS×Zuora

Zuora®は、あらゆる業界向けのサブスクリプション・ビジネスの収益向上を支援するクラウドベースのプラットフォームを提供している。サブスクリプション・エコノミー(Subscription Economy®)を推進するZuora®プラットフォームは、従来のプロダクト販売のビジネスモデルからサブスクリプション型のビジネスモデルへのビジネスモデル変革の支援を行い、サブスクリプション・ビジネスにおける新規顧客獲得、既存顧客へのアップセル・クロスセルの強化、解約率の削減による収益向上と業務の効率化を実現する。

また、従来のERPやCRM、販売管理などのシステムでは対応できない、サブスクリプション・ビジネスのプライシング、見積、Web販売、契約管理、請求・回収、売上集計、レポート・分析を、一気通貫のサービスで支援してきた。Zuora®は、リコー、NEC、ソフトバンク、Box、DocuSign、freee、弥生、チームスピリット、SmartHR、MONET Technologies、Okta、Zoom、Zendesk、AT&T、トリップアドバイザー、ダイヤモンド社 、弁護士ドットコムなど、世界中で1,000社以上の企業にサービスを提供している。本社はシリコンバレーにあり、米国、EMEA、APACでグローバルにオフィスを展開中だ。

一方のSBペイメントサービス株式会社は、ECやネットショップに欠かすことのできないクレジットカード決済などのオンライン決済サービスに加え、店舗や訪問販売など、対面販売でクレジットカード決済・電子マネー・QRコード決済を利用できる店舗向け決済サービスを提供している。

Visa、Mastercardの国際的なクレジットカードブランドのライセンスを保有し、決済代行に留まらず、アクワイアラの立場として加盟店審査や管理業務、決済サービスの提供までワンストップで行っている。さらに、ショップを運営する上で必要な集客や売上拡大をサポートする「マーケティング支援プラン」、ECサイトにおける不正使用の低減に貢献する「不正検知サービス」「不正チャージバック保証サービス」を無償で提供し、事業者の有効なビジネスチャンスの創出のサポートを行っている。

新時代のゲームサービスが求めた決済システム

SBPSでは、「GeForce NOW Powered by SoftBank」で採用された背景として次のように述べている。

「『GeForce NOW Powered by SoftBank』は、エヌビディアコーポレーション(以下「NVIDIA」)が世界で展開するクラウドゲーミングサービスの日本版です。ゲームをプレイする時に発生する、高い負荷がかかるデータ処理をサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、あらゆるゲームをいつでもどこでも楽しめます。キャリアを問わずご利用可能なため、どなたでも便利に月額料金をお支払いいただけるプラットフォームとしてSBPSの決済サービスが連携された『Zuora Central Platform』が採用されました」

また今後についてもZuora Japan とSBPSは、サブスクリプションのビジネスを展開する事業者のニーズに対応する利便性の高いサービスを提供していくとしており、熱度を増すゲーム市場とともに、幅広い展開にも期待がかかるところだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事