コロナ禍で女性が最もお金をかけた美容商品は「スキンケア」 美容Instagramメディアの「コロナ禍の美容意識調査」で

ECのミカタ編集部

株式会社ライスカレー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大久保 遼)は、同社が手掛ける美容研究Instagramメディア「MiiLabo」において、フォロワーの女性を対象に「コロナ禍の美容意識調査」を実施した。ここではその調査結果について、ポイントを絞って見ていく。

コロナ禍の美容意識は「肌」に集中

コロナ禍で、特に気になり始めた美容部位について質問したところ、68.9%が「肌」と回答した。

コロナ禍でマスク生活になり、以前に比べて肌荒れやニキビなどの肌トラブルに悩む人が増加したようだ。次いで、気になる部位として挙げられたのは体型や目元、ヘアなどだ。マスクで隠れない部分が多い中、反対にマスクで隠れる歯の美容に力を入れた人もいた。

多くの人が気にしていた肌の悩みに関して、実際に商品を購入したり、サロンを訪問したりするなどの対処を行った人は68%にのぼった。コロナ禍で肌トラブルを感じた人の半数以上が、改善を目的に商品購入やサロンなどの行動を取っていたようだ。

さらに、実際に商品購入やサロン訪問などの行動を取った人の中についてその後も継続してケアしているかを質問したところ、74%は継続していると回答した。コロナ禍をきっかけに始めたケアがルーティーン化している人が多いようだ。

コロナ禍で一番お金をかけた美容商品は「スキンケア」

コロナ禍で意識した美容部位は68%の人が「肌」と回答しましたが、一番お金をかけた美容商品についても「スキンケア」に関するものだと答えた人が最も多く、全体の57%を占めた。

コロナ禍により多くの人が自宅で過ごす時間が増えた結果、これまでより美容にかけられる時間が増え、自分の美容習慣を見つめなおす人が多かったようだ。その中で、特にスキンケアについての意識が高まっている。

次いで、脱毛や歯科矯正など、長期にわたって取り組みが必要かつ、高額な自己投資を始めたという回答も上位にランクインした。コロナ禍で人と会う機会は減った分、自分磨きに時間やお金を費やしていることが見受けられる。

「スキンケアに一番お金をかけた」と選択した人に、実際にかけた費用を聞いたところ、30%超が5,000円~10,000円未満と答えた。次いで10,000円~20,000円という回答が多かった。

コロナ禍でお金をかけなくなった美容商品は「メイクコスメ」

スキンケアに投資する人が増える一方で、コロナ禍で一番お金をかけなくなった美容商品について質問したところ、1位はカラーメイクコスメ(44%)、2位はベースメイクコスメ(21%)と、メイクコスメを挙げた人が約6割にのぼった。

コロナ禍でメイクの機会が減った分、スキンケアやヘアケアなど、素材そのものに時間やお金をかける人が多くなっているようだ。

コロナ禍でメイクコスメが売れなくなったいう結果は予想通りだが、アイテムによっても差がある。

マスク生活の影響で口紅やチーク(頬紅)の売上が大きな打撃を受ける一方、マスクによるニキビや肌荒れを軽減するフェイスパウダーなど、コロナ前よりも売上が上がった商品もある。同様に、マスク生活で目元メイク重視のトレンドが生まれ、カラーマスカラなど目元の印象を変化させるアイテムにも注目が集まっている。

コロナ禍での美容用品は、コロナ禍ならではの悩みに対応したものや、「閉塞感のある毎日だからこそ、少しでも気持ちを明るくしたい」というニーズに応えるものが求められているようだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事