LINEギフトの累計ユーザー数が1,500万人を突破

ECのミカタ編集部

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が提供する、「LINEギフト」において、累計ユーザー数が1,500万人を突破したことを公表した。

LINE上でギフトが贈れる

LINE株式会社は、同社が提供する、「LINE」を通じて友だちに様々なプレゼントを贈ることができるサービス「LINEギフト」において、2021年5月に累計ユーザー数が1,500万人を突破したこと公表した。

「LINEギフト」は、2015年4月からサービス提供を開始した、「LINE」のトークを通じて友だちとギフトを贈り合うことができるコミュニケーションサービスだ。住所が不明であったり対面せずともLINE上でギフトを贈ることができるため、返礼や季節のイベント、ライフイベントなど様々なシーンで利用が進んでいた。

LINEギフト企画もユーザー数増加に寄与

新型コロナウイルスによる感染拡大の影響で、対面しなくても贈れるソーシャルギフト需要が高まり、2021年のバレンタインデー当日にLINEギフトで初めてギフトを購入したユーザーは昨年同日比で約2.4倍に増加、2021年の母の日当日の流通額は前年比約2.5倍となったそうだ。

またLINEギフトでは、通常のギフト方法に加え、LINEの友だちにギフトを贈るほど割安に商品が購入できる「みんなにギフト」、友だちに贈ると自分も同じギフトがもらえる「Gift1 Get1」企画など、様々な企画を展開してきた。過去には1日に20万人が参加するなど、毎回多くのユーザーが利用しており、こうしたイベントやキャンペンきっかけにLINEギフトの利用を始めたユーザーも多いという。

新しいギフト・コミュニケーションのかたち

公表に際して同社では次のように述べている。

「2020年4月に発出された緊急事態宣言後はユーザー数が特に増加しており、2020年の5月にLINEギフトを初めて利用したユーザー数は、前月と比較して約1.5倍に増加しました。これは、”直接会わなくてもギフトが贈れる”というLINEギフトの特長が、コロナ禍ではじめて迎えた”会えない”母の日の需要とマッチしたことが、大きな要因の一つと考えられます。

それ以降も、クリスマスやバレンタインなど、シーズナルイベントのユーザーは、前年度以前と比較しても過去最高を記録した他、イベントがない月においても新規ユーザー数が軒並み増加傾向となり、コロナ禍の生活様式における新しいコミュニケーションの一つに、LINEギフトが想起されるようになりました」

手のひらの上のマーケティングツールとしてパーソナライズされたサービスが展開されているLINE。ひとつのアプリの枠に留まらず、世界的なコミュニケーションインフラとして絶大な存在感を示しているが、ギフト文化においても、その利用が進んでいることが今回また明らかとなったようだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事