利用サイトは「タオバオ」が1位、中国の大型EC商戦「618セール」の消費者行動を調査

ECのミカタ編集部

中国・東南アジア市場向けにEC店舗運営支援を行う、株式会社unbot(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中町秀慶、以下unbot )は、中国EC商戦「618セール」の消費者調査を目的に、unbotグループ全従業員に対し、自社アンケートシステムを利用して、任意回答による消費者調査を実施。96人(女性74人・男性22人)から回答を得、その結果を公表した。

回答者の年齢は、90年代生まれが85人(89%)、80年代生まれが8人(8%)、00年代生まれが2人(2%)、70年代生まれが1人(1%)となっている。ここでは、その質問内容と回答結果について見ていく。

今回の618セールで、ECサイトを利用して買い物をしましたか

・はい:91人(95%)
・いいえ:5人(5%)

利用したECサイトを教えてください(複数回答可)

【1位】タオバオ:76人
【2位】天猫(T-mall):67人
【3位】JD.com:50人
【4位】Pinduoduo:11人
【5位】RED(小紅書):1人
【6位】その他:5人

越境ECサイトを利用しましたか

・はい:44人(49%)
・いいえ:46人(51%)

利用した越境ECサイトを教えてください(複数回答可)

【1位】天猫国際(T-mall Global):43人
【2位】JD.com Global:6人
【3位】その他:1人

どのような商品を購入しましたか(複数選択可)

【1位】化粧品類(フェイスマスク、基礎化粧品、コスメ、香水等):58人
【2位】ファッション関連用品(衣服、カバン、アクセサリー等):53人
【3位】日常消耗品(ハンドソープ、ティッシュペーパー等):51人
【4位】食品類(サプリメントを含む):34人
【5位】ペット用品:21人
【6位】電子機器(スマートフォン、パソコン、カメラ、イヤホン等):20人
【7位】美容家電(美顔器、脱毛器,電動歯ブラシ等):16人
【8位】家電製品(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ等):7人
【9位】その他:3人

今回、日本ブランドの商品を購入しましたか

・はい:40人(44%)
・いいえ:50人(56%)

618セールの合計消費金額を教えてください

【1位】1,000〜3,000RMB(約17,000〜51,000円):29人(32%)
【2位】〜500RMB(〜約8,500円):22人(24%)
【3位】500〜1,000RMB(約8,500〜17,000円):16人(17%)
【4位】3,000〜5,000RMB(約51,000〜85,000円):15人(16%)
【5位】5,000RMB以上(約85,000円以上):10人(11%)
※1RMB(人民元)=17.16円換算(7月5日17:00時点/Yahoo!ファイナンス調べ)

普段、誰からの「口コミ」を最も参考にしていますか

【1位】親戚や友人の口コミ:34人(35%)
【2位】注目しているKOL(Key Opinion Leader)の投稿:25人(26%)
【3位】ブランドの広告:20人(21%)
【4位】ネット上の匿名レビュー:12人(13%)
【5位】その他:5人(5%)

普段、最も活用している「口コミ」サイトを教えてください

【1位】RED(小紅書):41人(43%)
【2位】Weibo:23人(24%)
【3位】bilibili:14人(15%)
【4位】Douyin(Tik Tok):8人(8%)
【5位】その他:6人(6%)
【6位】WeChatのモーメンツ:4人(4%)

大多数が「お得な購買体験」を求めて618セールを活用

アンケート回答者中95%が618セールのEC商戦を利用していた。

RED(小紅書)に関しては、ECの利用率はわずか1%であったが、口コミを参考にしているサイトランキングでは1位(43%)の支持率であったことから、消費者は口コミを調べるサイトと、買い物をするサイトを使い分けていることがわかった。

企業の販促戦略では、ブランド店舗ページからの購買を狙うだけではなく、影響力があるKOLのライブ配信を通じて商品の魅力を訴求し、ターゲットの購買意欲をかき立てる戦略がポピュラーで、タオバオのライブコマースによる販売額は、開始後、約1時間半で20億元(約341億円)を突破し、熱い盛り上がりを見せた。

消費者からは「イベント期間の長期化や複雑なクーポンの利用方法により疲弊した」といった声も寄せられたが、それでも、大多数の人々が「お得な購買体験」を求めて618セールを活用していたようだ。

アンケート回答者の大多数を20~30代の若年数が占める割に消費金額が大きかったことから、618セールの期間を狙って欲しい物をまとめ買いした人もいたことが推察できる。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事