WMS「クラウドトーマス」と受注処理システム「CROSS MALL」が連携開始 ECでの業務削減を加速化

ECのミカタ編集部

株式会社関通(本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長 達城 久裕)は、自社で開発・提供するWMS「クラウドトーマス」と、株式会社アイル(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 岩本 哲夫)が自社で販売・提供する、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「CROSS MALL」とのAPI連携を開始した。

連携で業務の効率化を実現

クラウドトーマスとCROSS MALLによる連携では、両システムの間にAPIを通すことで商品マスタ情報、入荷情報、出荷情報を自動連携することができる。この自動連携とは、CROSS MALL側で更新された商品マスタや注文情報などが自動でクラウドトーマスに送信され、クラウドトーマス内の情報が更新されるものとなっている。

また、クラウドトーマス側で更新された在庫情報や出荷実績などが自動でCROSS MALLに送信され、CROSS MALL内の情報が更新される。これらにより、両システムで発生していたデータ作成と実績の更新といった重複する作業工程が削減され、業務の効率化を実現するとしている。

入庫~出庫までの流れを自動化

同社によれば、今回のクラウドトーマスとCROSS MALLのAPI連携を行うことで、両システムを利用しているEコマース企業にとって、次のようなメリットがある。

・Eコマース運営における、データ取り込みなどの事務作業の時間削減
・データ不備などによるミスの削減
・商品販売への注力

また、クラウドトーマスとCROSS MALLとの連携を行うことで、入庫~出庫までに起こる商品マスタや受注、在庫データの流れを自動で連携することができる。

◆商品マスタ送信

API連携を行うことで、商品マスタをCROSS MALL側で登録した時点でクラウドトーマスと同期することが可能。

◆在庫数の更新

クラウドトーマス側で管理している入出庫で変動した在庫数が自動でデータ連携され、CROSS MALL側で確認することができる。

◆新規注文と出荷済み情報の送受信

CROSS MALL側で作成された注文情報は、クラウドトーマス側に自動連携され、出荷データを自動で作成することが可能になる。また、クラウドトーマス側で管理・生成されている、出荷済み情報を自動でCROSS MALL側に戻すことも可能となる。

さらなる連携強化を進める

同社はまた、今後の展開として次のようにコメントしている。

「CROSS MALLが持つ連携以外のパッケージに着目し、クラウドトーマスとのさらなる連携強化を進めてまいります。また、クラウドトーマスは、CROSS MALLだけでなく、その他OMSシステム(注文管理システム)とのAPI連携の開発を行うことで、データ連携自動化のサポートに努めてまいります」

複数ネットショップの商品・在庫・受注・発注・仕入の一元管理が可能なクラウドサービス、CROSS MALLと倉庫管理システム(WMS)であるクラウドトーマス。両者の連携によって、EC事業者の業務効率化を通したビジネスの加速が進むことになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事