BASE『Google 商品連携・広告App』リリース記念キャンペーン実施 広告費の20%をキャッシュバック

ECのミカタ編集部

BASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役 CEO:鶴岡 裕太)が運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」は、拡張機能「Google 商品連携・広告 App」のリリースを記念し、広告費の20%をキャッシュバックするキャンペーンを実施することを公表した。

キャンペーン期間は10/11~12/31の3ヶ月間

ネットショップ作成サービスBASEは、手軽に広告出稿が可能な拡張機能「Google 商品連携・広告 App」のリリースを記念し、同機能を利用して Google ショッピング広告を配信したBASE加盟店を対象に、広告費の20%をキャッシュバックするキャンペーンを2021年10月11日(月)〜2021年12月31日(金)の約3ヶ月間、実施する。

「Google 商品連携・広告 App」とは、ネットショップ作成サービスBASEの加盟店を対象に、2021年10月6日に提供を開始された。同機能を利用することで、広告アカウントの開設からGoogle ショッピング広告「スマートショッピングキャンペーン」の出稿まで行うことができる。

また本来、BASE加盟店が広告出稿時に手動で設定する必要のあるBASE加盟店情報などが自動で設定され、広告出稿がはじめての場合でも手軽に利用できるとしている。

広告費の20%をキャッシュバック

「Google 商品連携・広告 App」を利用して Google ショッピング広告を配信したBASE加盟店を対象に、Google ショッピング広告費の20%をキャッシュバックするキャンペーンが実施される。

[期間]
2021年10月11日(月)〜2021年12月31日(金)

[対象]
期間内に「Google 商品連携・広告 App」を利用して Google ショッピング広告を配信したBASE加盟店。なお「Google 商品連携・広告 App」リリース日から本キャンペーン開始までの期間(10月6~10日)に広告を配信した「BASE」加盟店にも適用される。

[Google 広告の特典]
Google ショッピング広告を5,500円以上配信した場合、さらに7,500円分のプロモーションコードがプレゼントされる。

※各詳細条件等は公式サイトを要参照

800万ユーザーが利用

「誰でも簡単にネットショップが作成できるWebサービス」を謡うBASE。初期費用・月額費用などの固定プランが無く、商品が売れた際のみ手数料が発生するシステムで、商品が売れるまでは、無料でリスクなく利用できるのもアドバンテージとなっている。

またショッピングアプリ「BASE」は800万ユーザーが利用するスマートフォンアプリだ。トレンド、ファッション、インテリア、エンタメ・ホビー、コスメ、家電・スマホ、スポーツ・レジャー、食品・飲料(野菜や果物等の農産物、肉・魚等の生鮮食品も含む)など幅広いジャンルの商品を購入することができる。

今回、そのBASE拡張機能「Google 商品連携・広告 App」のリリースを記念し、10月11日から12月31日まで広告費の20%キャッシュバックキャンペーンが実施されることとなり、同プラットフォームの価値がさらに高まると同時に、加盟店の広告施策を後押しすることになりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事