降雪等に伴う物流遅延、主要3社(ヤマト・日本郵政・佐川)の最新情報まとめ

ECのミカタ編集部

関東地方を中心とした1月6日からの降雪等が、ECの物流網に影響を与えている。現状では、関東発着の多くの荷物に配達の遅れが生じる見込みだ。ここでは、ヤマト運輸・日本郵政・佐川急便の主要3社の荷物遅延等の最新情報をまとめる。

ヤマト運輸

降雪や強風による交通規制やフェリー・JRの遅れ等により、全国的に荷物の配送に遅れが生じている。

【特に遅れが生じている荷物】
・全国から茨城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県あての荷物
・茨城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県から全国あての荷物
・全国から滋賀県、京都府の一部あての荷物

日本郵政

天候不良に伴う航空便の欠航等により、関東地方を中心とした地域で引受・配達する郵便物・ゆうパックなどの一部の配送に半日~1日程度の遅れが見込まれる。

今後の天候状況によっては、その他の地域でも遅れが発生する場合があるという。

佐川急便

天候不良の影響により、配送の遅れのみならず、茨城県の一部地域では配送・引受の停止も発生している。

【配送・引受を停止する地域】
茨城県行方市、鉾田市、稲敷市

【配送に遅れが生じている地域】
東京都全域、神奈川県全域、千葉県全域、茨城県全域(行方市、鉾田市、稲敷市除く)、埼玉県全域、栃木県全域、群馬県全域

上記以外の地域においても、天候や道路状況により荷物の集荷・配達業務に影響が発生する可能性がある。

ECサイトでも注意喚起等の対応を

トラブル防止のため、EC事業者には、上記の遅延・引受停止情報を踏まえたECサイト上での注意喚起等の対応が求められる。

特に対象地域発着品の配送日時指定については、通常よりも余裕を持ったリードタイムの設定が重要になってくるだろう。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事