Yahoo!ショッピングとPayPayモール、メルマガ受取可否の初期設定をユーザーが選べるように

ECのミカタ編集部

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、ユーザーが「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」で注文する際の内容確認画面において、ストアやサービスからお知らせするメールマガジンなどの配信で、初期設定を“配信なし”にする仕様へ変更することを公表した。

ユーザーに選択権を

Yahoo! JAPANは2022年6月22日から、ユーザーが「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」で注文する際の内容確認画面において、ストアやサービスからお知らせするメールマガジンなどの配信で、初期設定を“配信なし”にする仕様(以下、デフォルトオフ)へ変更することを公表した。同社は、このデフォルトオフによって、ユーザーは希望時のみメールマガジンを受信するよう、選択が可能になるとしている。

現在、ストアなどからのメールマガジンは、注文内容の確認画面において、“配信あり(チェックボックスに、あらかじめチェックが入っている状態)”になっている。メールマガジンは、ユーザーにとって、「お得情報」やキャンペーンを知ることができ、ストアにとっては集客するためのツールとして活用されているが、同時に、一部ユーザーからは「登録した覚えのないメールが届く」「購入時に誤ってニュースレターの購読登録を行ってしまう」などといった意見があがっていたそうだ。

「LINE公式アカウント」も消費者との接点に

これまで同社は「ユーザーに便利で、お得に利用いただけるような仕様やデザインを意識して、サービス提供をしてきた」としているが、今年4月に代表取締役社長に就任した小澤隆生氏の「ユーザーの声をサービス改善に生かし、良いサービスを提供し、社会に貢献する」という思いのもと、今回、メールマガジンなどの配信をデフォルトオフに変更することになったと述べている。

また、新入社員含む全社員約8,000人が、Yahoo! JAPANが提供する各サービスに対して、品質改善およびイノベーションにつなげる提案を行う「サービスななめ会議」においても、デフォルトオフへの改善要望の声があがっていたそうだ。

一方で、ストアの新たな集客ツールとして、2021年7月より「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」のストア向けに「LINE公式アカウント」の申し込みを開始している。「LINE公式アカウント」は、ユーザーが友人や知人らとメッセージを送受信するように、ストアが「友だち」となっているユーザーとコミュニケーションを取れるものだ。

「LINE公式アカウント」の申し込み開始以降、ストアの開設数は順調に伸長しており、ストアとユーザーとをつなぐコミュニケーションツールとして、ユーザーはメールマガジンに加えて「LINE公式アカウント」も「お得情報」を受け取るための新しい選択肢として選ぶことができるとしている。

ユーザーファーストにこだわる

公表に際して同社代表取締役社長・CEOの小澤隆生氏から次のようなコメントが出されている。

「Yahoo! JAPANは、1996年のサービス開始時から変わらない価値観として、『ユーザーファースト』を大切にしています。私も良いサービスを提供するためには、『ユーザーファーストに徹底的にこだわること』が重要だと考え、社員に伝えています。今回の取り組みは、サービスを使っていただくユーザーの皆さまからいただいたご意見や社員の声をもとに実施しました。今後も、Yahoo! JAPANはユーザーの皆さまの声に耳を傾け、『ユーザーファースト』にこだわり、良いサービスを提供する会社であり続けたいと考えています」

「情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。」をミッションに掲げるYahoo! JAPAN。同社は、「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」を通して、オンラインショッピングにおけるユーザーの課題やニーズに向き合い、新しい購買体験ができる安心で便利なモール作りを目指すとしており、ユーザーとのロイヤリティ向上の面からも今後のあらたな施策に視線が集まることになりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事