LINEデジタル会員証「Lメンバーズカード」に“予約リマインド自動送信機能”を追加

ECのミカタ編集部

合同会社Oblivion(所在地:東京都千代田区平河町1-6-15、代表取締役社長:佐藤日出輝、以下「Oblivion」または「同社」)が提供する「Lメンバーズカード」の「カレンダー予約機能」に、自動リマインド機能が追加された。

キャンペーンも実施

Oblivionが提供する、会員登録や会員証の提示をスムーズにし、多豊富な拡張機能を持った『Lメンバーズカード』の「カレンダー予約機能」に、自動リマインド機能が追加された。「Lメンバーズカード」は、LINEミニアプリ上で完結し、多くの業種に対応する豊富な拡張機能を持ったデジタル会員証サービスだ。

Lメンバーズカードを店舗や企業に導入することで、スマホアプリのインストールや面倒なログイン作業が不要で、LINEさえあればすぐに会員証・ポイントカードの提示が可能になる。また店舗側で事前に項目設定した会員登録フォームを最初のLINEミニアプリアクセス時に表示し、会員登録を促すことが可能だ。登録された会員情報は、店舗の管理画面にてそれぞれ確認することができる。

同社はLメンバーズカードについて、現在、総額500万円還元キャンペーンを実施しており、先着100社様限定で初期費用(50,000円)を無料で提供するという。また初回契約から1カ月間の無料体験期間が用意されており、最低契約月数や解約料も発生しないとしている。

機能概要

Lメンバーズカードの拡張機能として利用できる「カレンダー予約機能」では、LINEミニアプリ上で空席確認・予約が可能になる。具体的には、以下のことができるようになる。

▶LINEミニアプリ上で予約が完結
▶管理画面から簡単に予約ページを作成
▶予約ページの中にメニューを複数登録できる
▶営業時間や入力フォームの詳細設定が可能
▶予約状況を一覧表示して確認・承認が可能

そして今回のアップデートで、Lメンバーズカードの「カレンダー予約機能」に「リマインドメッセージ」の設定が追加された。管理画面で事前にリマインドメッセージを設定しておくことで、予約当日の朝8時にLINEメッセージを自動送信することが可能だ。当日のキャンセル防止や、顧客が当日サービスを受けるにあたっての不明点解消にもつながるとしている。リマインドメッセージで送信できる項目は、下記の通りだ。

▷予約日時
▷予約したメニュー
▷予約したコース
▷人数
▷店舗からのコメント

顧客満足度やリピート率を向上

同社は「カレンダー予約機能」の導入により、店舗側はサービス提供に専念できるようになるとしている。また予約管理にかかっていた時間が空くことで、新たなサービスを検討する時間、サービスに関する情報を発信する時間を増やすことも可能になるという。これにより、顧客満足度やリピート率を向上させるだけでなく、新たな顧客獲得にもつながることになる。

予約の無断キャンセルを防ぐことができ、予約の確認と安心感を与えられ、メッセージ送信にかかるコストを削減できる新機能。ECにおけるオムニチャネル施策や、顧客とのロイヤリティ醸成を図る上でも、活用の幅は広がりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事