Shopifyアプリ【SNSギフト】に“商品レコメンド”など3機能を追加 「NP後払い」決済へも対応

ECのミカタ編集部

株式会社ハックルベリー(東京都渋谷区、代表取締役社長:安藤 祐輔、以下「ハックルベリー」または「同社」)が提供する、Shopifyアプリ「SNSギフト」において「商品レコメンド」「お届け日の配送不可日設定」「NP後払い決済への対応」機能を新規リリースした。

3つの新機能を追加

ハックルベリーが提供する、住所を知らなくても受け取りURLをDMで送るだけで贈り物を届けられるShopify(ショッピファイ)アプリ「SNSギフト」において、「商品レコメンド」「お届け日の配送不可日設定」「NP後払い決済への対応」機能を追加し、新たにリリースした。

アップデートされた機能の概要

◆受取手続き完了ページでの商品レコメンド

SNSギフト利用時、ギフトを受け取る人の届け先住所入力後に表示される、受取手続き完了ページにて、ストアのおすすめ商品等をレコメンドできるようになった。ギフトを受け取る側の人にも、新たにストア・商品を認知してもらい、さらに今後のギフト購入の選定に資するなど利用の広がりが期待できる。

◆お届け日の配送不可日設定

これまで届け可能日の設定として各曜日の指定ができたが、新たに年末年始などの特定の日付を配送不可とする設定が可能となった。また、祝日の除外設定機能も追加された。さらに自社の配送オペレーションに適したギフト発送運用が可能となった。

◆「NP後払い」決済への対応

SNSギフトを利用時に「NP後払い」決済も利用できるようになった。通常、「NP後払い」で決済をおこなうと、届け先の住所にNP後払いの請求書も送付されてしまう仕様だが、「SNSギフト」での決済時には「請求先住所」を変更することでNP後払いの請求書が購入者(ギフトの送付元)に送られるよう対応し、スムーズにNP後払いが利用できるようになった。

価値を増す「SNSギフト」アプリ

同社によれば、SNSやオンラインを通しての交友関係が一般的になりつつある現在、「お気に入りのギフトを贈りたいけれど相手の住所がわからない」「わざわざ住所を聞くのは申し訳ないし気が引ける」といった点で、ギフトを贈るのを躊躇する人が増えているという。

Shopifyアプリ「SNSギフト」を活用すれば、LINEやTwitter、InstagramのDMで「ギフト受け取り用」のURLを送るだけで、手軽にギフトを贈ることが可能となり、また日本製のサービスなので、管理画面もすべて日本語対応しているのも特徴だ。

今回そのShopifyアプリ「SNSギフト」に「商品レコメンド」「お届け日の配送不可日設定」「NP後払い決済への対応」が追加されたことにより、ギフトEC市場における存在感を、さらに高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事