これだけはおさえておきたいECの法律問題(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 木川 和広 著)

 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 木川和広弁護士による連載コラム「これだけはおさえておきたいECの法律問題」では、具体的な事例の解説を交えながらEC事業者が日常的に遭遇する法律問題について解説しています。今回、2016年にECのミカタへ掲載された全18本を一気にダウンロードすることができます。
運営ノウハウ
2017年01月17日(火)15時15分

目次

・著者プロフィール
・はじめに
・第一章 ライザップの事例から考える景品表示法への対応
・第二章 消費者庁より怖い?適格消費者団体
・第三章 サン・クロレラ判決に見る薬事法と景表法の境界線
・第四章 2016年EC業界注目の法律トピックTOP3
・第五章 薬事法の基礎① 「医薬品」とは?
・第六章 薬事法の基礎② 「広告」とは?
・第七章 意外と知らないメルマガの法規制(上)
・第八章 意外と知らないメルマガの法規制(下)
・第九章 正しい利用規約のポイント(上)
・第十章 正しい利用規約のポイント(下)
・第十一章 【4月1日スタート】景品表示法の課徴金制度(上)
・第十二章 【4月1日スタート】景品表示法の課徴金制度(中)
・第十三章 【4月1日スタート】景品表示法の課徴金制度(下)
・第十四章 サン・クロレラ高裁判決で見えた差止請求権の限界
・第十五章 EC事業者に代金全額賠償請求?日本版クラスアクションの解説
・第十六章 風評被害への対応策~口コミの削除手続~
・第十七章 有名人の広告利用に関する法律問題
・第十八章 ステマの定義と日米の法規制