ビズロボジャパンプレスカンファレンス2014

ロボットアウトソーシングサービス「ビズロボ」 事業戦略説明と新サービス発表会

ビズロボジャパン株式会社 代表取締役CEO 大角暢之氏


ロボットアウトソーシングサービスの「Biz-Robo!」を提供するビズロボジャパンが、事業戦略説明会及び新サービス発表会を行った。

「Biz-Robo!」は、業界初のロボットアウトソーシングサービス。APIやコーディングが不要かつ簡単に素早い運用が可能で、「ブラウザ内での作業をロボットが記憶し、自動化してくれる」というサービスだ。
従来の定形ルーティンワークは、人的運用しかない様々な背景に捕らわれ本業に費やす時間が奪われがちであった。この定形ルーティンを、最速30分で出来上がるマクロロボットに代行することで、要件やルールが頻繁に変わる業務、突発的発生や期間限定の業務、会社間システム間をまたがる取引や業務など、今までシステム化が不可能で人がやらざるを得なかったことが簡単に自動化できるようになる。

同社は、米Kofax/Kapow Software社開発のテクノロジーを利用しており、専用マクロ技術を導入しているのでブラウザ上で直感的な作業実施が可能。
現在では国内実績で約1,500のロボットが導入、活躍しており、流通小売やアパレルなどEC事業者の導入も多く「商品登録」「売上報告」「在庫連携」など、様々なルーティンワークを自動化させているという。
「24時間365日電気代だけで、ミスなし、人の500倍以上の作業を決してやめず、例外やエラーにも確実に対応」を1つのセールスポイントとして押し出している。

今回新たなパートナー企業に、データ分析及び関連サービス提供を得意とする株式会社ブレインパッド、人事等アウトソーシング及びコンサルティングを提供するi6コンサルティンググループ株式会社の2社とそれぞれ連携し、新しいサービス提供を発表した。

◆主な新サービス一覧◆
・マーケティング領域における、需要予測や欠品予測による在庫管理、受発注プロセスの自動化。
・コンペティターおよび顧客行動の情報収集と解析に基づく、最適な価格算出と告知の実行。
・テキストマイニングとロボットプログラムの組み合わせによるサイト内検索エンジン、商品マスタの最適化。
・ネットのチャットログ解析から売れ筋キーワードの特定及び広告出稿の自動化。
・その他、犯罪や危険シグナル、不正などの事前・自動検知。

新しいアナログ時代へ進化する

写真左より

i6コンサルティンググループ株式会社 代表取締役 佐藤竜氏
ビズロボジャパン株式会社 代表取締役CEO 大角暢之氏
株式会社ブレインパッド ソリューション本部本部長 安良岡史行氏


ビズロボジャパン代表の大角暢之氏は、「誰もができるロボットオートメーションの普及を通じて、日常のつまらないと感じるルーティン作業や意義を感じていない時間経路から貴重な人間のエネルギーをリリースし、本来やりたいこと、面白いことをいつでも自由に発揮でき、人々の自己実現と適切かつ有益な競争と進化のベクトルを実現する」という自社のビジョンを「新しいアナログ時代への進化」という言葉で総括し、発表を締めた。

会見後は、パートナー企業である株式会社ブレインパッドソリューション本部本部長の安良岡史行氏、i6コンサルティンググループ株式会社代表取締役の佐藤竜氏と三人揃ってのフォトセッションを展開し、閉会の運びとなった。


取材/写真/文:島名タスク