株式会社ダイワハイテックス

「成長するための物流改善」

包装機器メーカーとして設立したダイワハイテックスは、
他にはない機器やシステムを独自開発し、多くのお客様にお届けしてまいりました。
コミックの包装機「コミックシュリンカー」は、
大手書店様をはじめ書店市場の9割のお客様にご利用いただいています。
他にも、物流業界やコンビニエンスストアでも当社の製品が選ばれています。

【通販支援事業】
通販物流効率化支援サービス「CARGOWELL」

サービス領域
大分類:
バックヤード
小分類:
通販物流
主なターゲット
商材 :
総合通販 / 衣料・ファッション・アクセサリー / 食料品 / 自動車・パーツ / 家具・家庭用品 / 電気製品 / 美容・健康・医療 / スポーツ・本・音楽・玩具
販路 :
ショッピングモール / マーケットプレイス / 独自ドメイン店舗 / スマートフォンアプリ / カタログ通販 / テレビ通販 / ラジオ通販 / 実店舗 / その他
対応エリア
全国対応 / 北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 近畿 / 中国 / 四国 / 九州

サービス詳細

効率化・自動化ツール:物流業務効率化サービス

CARGOWELL

梱包・仕分がラクラク! 貴社の作業効率アップ&コストダウン を実現する『CARGOWELL』

資料請求

新着・更新情報

新着・更新情報一覧へ  >

ニュース

自動梱包ラインで実現 梱包作業の効率化と顧客満足度向上

―EC市場が拡大する中、物流倉庫における梱包現場ではどのような問題・課題が生じているのでしょうか。 どの倉庫でも共通しているのは、増え続ける出荷量に対して梱包や出荷が追い付いていないことです。特に梱包作業や出荷業務を人手...

2022年09月30日(金)06時00分

ニュース

【越境EC】顧客満足度と効率化を両立する自動梱包とは

経済産業省「電子商取引に関する市場調査」によると、令和2年の日本国内のEC市場規模は、BtoCでは19.3兆円(前年19.4兆円、前年比0.43%減)とほぼ横ばいの状態が続いている。BtoBに至っては334.9兆円(前年353.0兆円、前年...

2022年08月02日(火)07時00分

ニュース

【緩衝材比較!】大阪〜東京間を輸送した3つの荷物は、輸送中どのくらい動いている?検証してみた

今回の検証に使用したのは、輸送用の段ボール箱と、商品に見立てた重り500gが入った真っ白の化粧箱。箱の仕様や内容物はまったく同じ条件にして、紙の緩衝材、エアピロークッション、シュリンクという3種類の梱包方法を使って梱包した。

2021年12月03日(金)13時00分

ニュース

作業効率3倍以上アップ!手作業と比較し、自動梱包機の能力を検証

ダイワハイテックスでは箱シュリンク梱包システムの「BOS-Line」、メール便自動梱包システムの「PAS-Line」などさまざまな梱包機を開発・製造している。 今回紹介する「BOS-Line」は、EC通販の出荷の大半を占める段ボール箱...

2021年10月20日(水)07時00分

会社概要

会社名
株式会社ダイワハイテックス
設立
昭和53年(西暦1978年) 3月
資本金
6,000万円
代表
大石智也
所在地
〒174-0043 東京都板橋区坂下1-34-27
電話番号
03-3558-7513
受付時間:平日9:00~17:00
FAX
03-3558-8132
メールアドレス
info@daiwa-hi.co.jp
コーポレートサイト
http://www.daiwa-hi.co.jp/
事業内容

店舗支援事業、通販支援事業