株式会社シプソル

梱包現場に、答えを

シプソルは国内でも数少ない自動梱包ライン専門メーカーとして、2018年にその歩みをスタートしました。
物流業界での経験豊富なメンバーで構成し、そのノウハウを生かして常に新しい提案やサービスを考え梱包作業の効率化を日々お客様とともに追求することで、これまで急成長を遂げてきました。

自動投入制御技術や包装技術・機械ユニット構成、制御技術・余白カット機構で特許を取得するなど、お客様の課題を解決する為に本当に活用できる技術開発を追及しております。

当社はパッケージ化した自動梱包機をカタログセールスで販売するのではなく、お客様の状況を把握した上で必ず成果のでる(費用対効果のある)の導入提案を実施しています。
※事前に自動梱包機の導入試算を実施し、お客様への成果をお約束することも可能です。

サービス領域
大分類:
店舗戦略 / バックヤード
小分類:
コンサルティング / 通販物流
イニシャルコスト価格帯(万円)
1 10 50 100 500 1,000
主なターゲット
商材 :
総合通販 / 衣料・ファッション・アクセサリー / 食料品 / 自動車・パーツ / 家具・家庭用品 / 電気製品 / 美容・健康・医療 / スポーツ・本・音楽・玩具
販路 :
ショッピングモール / マーケットプレイス / 独自ドメイン店舗 / スマートフォンアプリ / カタログ通販 / テレビ通販 / ラジオ通販
主な導入企業規模(年商)
1000万 5000万 1億
対応エリア
全国対応
導入企業数
約50社

サービス詳細

効率化・自動化ツール:物流業務効率化サービス

メルパックライン(緩衝材ロールタイプ)

小さな荷物を自動包装する緩衝材ロールタイプの梱包ラインです。 1時間に最大1000pac可能。自動送り状貼付機能が一体になった業界初のオールインワンパッケージ​ラインです。

資料請求
効率化・自動化ツール:物流業務効率化サービス

プライムパックライン(メール便箱簡易梱包タイプ)

小さな商品を箱で梱包することが可能な自動梱包ラインです。

資料請求
効率化・自動化ツール:物流業務効率化サービス

シュリンクパックライン(段ボール箱梱包タイプ)

シプソル独自開発の自動投入プログラムにより、 1時間1200pack可能にしたシュリンクラインです。

資料請求

会社概要

会社名
株式会社シプソル
設立
平成30年4月
資本金
950万円
代表
中村仁
所在地
〒354-0046 埼玉県入間郡三芳町竹間沢東17-1
電話番号
03-4405-3570
FAX
03-4446-1203
メールアドレス
nakamura@shipxol.co.jp
コーポレートサイト
https://shipxol.co.jp/
事業内容

・物流システム及び物流資材の提供
・物流効率化のためのコンサルティング業務
・機械及びソフトのメンテナンス業務