【全解説】オムニチャネルの成功には全社的な「意識」と「システム」の統一が必要

ベリトランス株式会社

オムニチャネルは、EC市場の成長やスマホ・SNSの普及が著しい現代社会において、ますます重要になりつつあります。顧客への販売チャネルが多様化していくなか、販売機会を逃さないためには複数のチャネルを横断したマーケティング戦略が欠かせません。

今回は、オムニチャネル化が必要となっている背景や推進するメリットを解説します。また、実現にあたって踏むべきステップや、決済のオムニチャネル化に役立つサービスもあわせて紹介します。

1. オムニチャネルとは?

オムニチャネルとは、顧客と接する複数のチャネルをシームレスにつなぎ、顧客満足度を向上させるスキームです。チャネルには、実店舗や販促イベント、ECサイト、アプリ、SNSなどさまざまな種類があります。

関連用語にマルチチャネルがありますが、これは実店舗やECサイト、アプリなど複数のチャネル展開を行なっているものの、オムニチャネルとは異なりマーケティング施策や顧客管理システムなどは独立している状態です。

オムニチャネルは各チャネルを相互に連携させ、顧客に包括的な購買体験を提供することを目指します。

■オムニチャネルのイメージ



続きを読む >>
https://bit.ly/2X91V8X


著者

ベリトランス株式会社

ベリトランスは、クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済やAlipay等の国際決済まで一括導入可能な総合決済ソリューションをご提供しています。
 ECや実店舗、越境EC、特定業界向けなど各チャネルでご利用いただける決済サービスや、近年では、モバイルPOS、モバイルバーコード決済(QRコード決済)、オムニチャネル向け決済など実店舗を対象とした決済も提供し、事業者様の売上向上につながるさまざまな決済ソリューションを展開しています。

 デジタルガレージグループのイーコンテクストと共に、グループ全体で日本最大規模のオンライン決済プロバイダーとして、1997年の創業以来、金融機関に求められる高度なセキュリティ環境・管理体制を構築し、EC事業者様がクレジットカード情報を保持せずに決済サービスを利用できる安心・安全な仕組みを提供しています。

ベリトランスサイトURL : https://www.veritrans.co.jp/