フィンテック&AI:金融で人工知能が使われる7つの方法

SmartOSC Japan

従来の銀行を変え、金融機関の未来を形作るフィンテックの破壊力は、人工知能(AI)の最新の技術革新と進歩によって高まっています。AIがフィンテックを促進する7つの方法として、セキュリティ、不正防止、データ分析、予測機械学習、プロセスの自動化、金融アドバイスなどが挙げられます。
フィンテックでのAIの活用方法7つ:

・顧客の本人確認
・資料の閲覧
・ファイナンシャルヘルスアドバイス
・トランザクションの検索とデータの充実
・不正防止とAML
・予測モデルのためのデータ分析
・プロセスオートメーション

フィンテックとは?

フィンテックとは「金融技術」を意味し、銀行や金融システムにおいて、新しい技術革新が従来の人間主導のプロセスに取って代わることを意味します。フィンテックの例としては、Allyのようなオンライン銀行、PayPalのようなデジタル決済手段、ブロックチェーンを利用したBitcoinのような暗号通貨などがあります。

AIとは?

AIとは、Artificial Intelligence(人工知能)の略で、コンピュータなどの機械が人間のように知的に「考える」ことができるようになることを意味します。一般的にAIは、より強力な処理装置やスマートなプログラミングを用いることで、人間よりも速く、より効率的に問題を解決するために使われています。

機械を知能化するプログラミングの1つの方法は、まるで人間が勉強するのと同じように、機械ができないことの限界をコード化するというもう一つの学習技術を使って、機械に自分自身で学習させることです。これは機械学習(Machine Learning)と呼ばれ、AIのサブセットです。AIとMLはAIの一種ですが、フィンテックに影響を与えるためにMLが使われることが増えていますし、今ではMLのディープラーニングという手法も普及してきているので、AIとMLは同じものではありません。

1. 顧客の本人確認

AIの手助けによって、銀行のアプリなどのオンライン金融サービスでは、顧客の身元を自動的に、より安全に確認することができます。これは「Know Your Customer」またはKYCと呼ばれています。オンラインでの本人確認の方法の1つとして、ユーザーに自撮りと身分証明書の写真を撮ってもらうという方法があります。すると、AI技術である光学式文字認識(OCR)が写真をスキャンして一致するかどうかを確認することができ、人間が手作業で行う手間を省くことができます。

音声認識ソフトウェアの向上に伴い、コンピュータがe-KYCプロセスにセキュリティの新たなレイヤーを追加することが期待されています。

2. 文書を読む

また、OCR (Optical character recognition) 技術は、契約書やその他の文書をコンピュータが読み取ることを可能にするために使用されることが増えています。画像をスキャンし、テキストをコンピュータが扱える形式に変換することで、機械は人間の測量士や会計士の何千倍もの文書を処理することができます。

これに加えて、自然言語処理(Natural Language Processing)というAI技術が加わりました。これは、人間の話し方や書き方のパターンを機械に認識させることを目的としたもので、ほとんどの人がスマートボイスアシスタントを使って接することが多いでしょう。NLPを使用することで、コンピュータは、例えば、労働契約やサービス契約の矛盾を見つけたり、詐欺を防止する目的で、特定の文書が偽物であるかどうかを発見したりすることができるようになります。

ファイナンシャルヘルスアドバイス

Revolutのような銀行系アプリでは、AIを使ってユーザーの財務を分析し、個人の支出と収入、貯蓄目標、毎月の請求書を比較しています。そして、これを分解して、ファイナンシャルプランニングの専門家ではない人にもわかりやすい形でユーザーに提示しています。

今最も急成長しているフィンテックアプリである Cleo は、これをさらに一歩進めて、これらの財務的な洞察をチャットを介してユーザーに伝えます。 Cleoは、WhatsAppやFacebook Messengerなどで友人に話しかけるのと同じように、チャットを介して商業や他のサービスが利用できるようになるというトレンドを利用して、デジタル・ファイナンシャル・アドバイザーとして機能します。チャットボットは、過去に人間のファイナンシャルアドバイザーが行っていたのと同じように、エンドユーザーと親しみやすく、親しみやすい方法で個人的な財政状況についてコミュニケーションをとるために、NLP技術を使って強化されています。

続きを読む>>

https://smartosc.jp/7-ways-ai-is-used-in-fintech/


著者

SmartOSC Japan

SmartOSC社は、ベトナム、オーストラリア、日本、シンガポール、アメリカ、イギリスに各事務所があり、わずか3人のチームメンバーから始まり、現在は500人以上の技術専門家の企業に成長させてきました。Eコマースに関する深い理解と技術の革新性を融合させ、プロ ジェクトを1000件超え、時間どおり、予算内、大規模な実装で実証 されたブランドとのエンゲージメントにおいて最高のパフォーマンスを 発揮します。

http://smartosc.jp/