株式会社ロックオン

マーケティング分野を支えるNo.1ソリューション群

あなたのマーケティングをより加速させる"AD EBiS"/ECオープンプラットフォーム"EC-CUBE"

サービス領域
大分類:
店舗戦略 / 集客販促
小分類:
商品開発・仕入 / オムニチャネル / 海外支援 / 越境EC支援 / ECパッケージ / カートシステム / 決済システム / 決済代行 / 広告運用代行 / WEBマーケティング
主なターゲット
商材 :
総合通販 / 衣料・ファッション・アクセサリー / 食料品 / 自動車・パーツ / 家具・家庭用品 / 電気製品 / 美容・健康・医療 / スポーツ・本・音楽・玩具 / 宿泊・旅行業 / 飲食業 / 娯楽業 / 金融業 / 情報通信業 / その他
販路 :
ショッピングモール / マーケットプレイス / 独自ドメイン店舗 / スマートフォンアプリ / カタログ通販 / テレビ通販 / ラジオ通販 / 実店舗 / その他
主な導入企業規模(年商)
1000万 5000万 1億
対応エリア
全国対応

サービス詳細

購買分析・売上・アクセス解析:データクリーニング

アドエビス

アドエビスは、導入実績8,000件以上を誇るマーケティングプラットフォームです。 広告効果測定ツールを中心とした「測定」機能と、ユーザー育成・販売促進につながる「活用」機能を兼ね備えており、デジタルマーケティングを最適化しWebマーケティングを加速させることができます。 10年以上にわたりあらゆるデータを蓄積してきた実績と、中小規模のサイトから大規模なサイトまで幅広く利用されている、安心の国産マーケティングツールです。

資料請求
ショップ構築/開業:ECパッケージ

EC-CUBE

「EC-CUBE」は、ASPサービスでは実現できない独自性の高いECサイト構築・リニューアルを支援するため、株式会社ロックオンのEC構築パッケージを誰でも無料で利用・改変できる「オープンソース」として公開したもので、現在100万ダウンロードを突破し、推定20,000店舗以上で稼働中です(株式会社ロックオン調べ)。

資料請求

新着・更新情報

新着・更新情報一覧へ  >

SNS広告のCVが最大153%増加!高機能マーケツールのアドエビスにAI搭載『クロスデバイス機能』が追加

「アドエビス」とは、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定をはじめ、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することが...

2018年08月10日(金)11時00分

マーケプラットフォームのアドエビスにクロスデバイスでの同一ユーザー動向把握が可能になる新機能搭載

アドエビスへの新機能追加により、国内の効果測定ツールとしては初めてデバイスやブラウザ間で分断されたユーザー行動の推定を実現。より高い精度な広告効果測定・アトリビューション分析の実現が可能となる。 同社の提供する「アドエビス」は、顕在層...

2018年06月08日(金)11時00分

「アドエビス」とWEB接客ツール「Sprocket」が連携を開始。サイト来訪の「きっかけ」を活用

 「アドエビス」はマーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームだ。顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや...

2018年05月23日(水)16時00分

高機能マーケツールの『アドエビス』が通販特化型CRM『LTV-Lab』と連携し、リピーターも高精度で可視化する

ロックオン社の『アドエビス』と、コアフォース社の通販特化型CRM『LTV-Lab』連携に関するニュースが飛び込んできた。 「アドエビス」は、顕在層向け施策である刈り取り型の広告の効果測定をはじめ、潜在層向け施策であるコンテンツマーケ...

2018年04月11日(水)14時30分

会社概要

会社名
株式会社ロックオン
設立
2001年6月4日
資本金
27,648万円(2017年3月31日現在)
代表
代表取締役社長 岩田 進
所在地
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田 2-4-9-13ブリーゼタワー13F
電話番号
03-3289-5051
コーポレートサイト
http://www.lockon.co.jp/
事業内容

マーケティングオートメーションプラットフォームの提供
 ・ マーケティングプラットフォーム「アドエビス」「THREe」
 ・ 商流プラットフォーム 「EC-CUBE」「Solution」
 ・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」