「リモート接客」を導入すべし!これからの販促活動とは?

ギグワークスアドバリュー株式会社

感染症の拡大によってテレワークを取り入れる企業が増加し、さまざまなことがオンライン化しています。商品や商材を販売するサービスもその一つです。

新型コロナウイルス感染拡大によって、これまで直に顧客と接しデモンストレーションやサンプリングなど販促活動を行なってきた企業は自粛せざるを得ず、思うような営業活動ができなくなっているでしょう。

現在では、従来リアルに実施してきた販売行動は変化し、非対面による「リモート接客」や「遠隔接客」によるリアルとデジタルの融合が大きなポイントになってきています。

リモートによる接客は感染防止や販路拡大のほか、変化する消費者ニーズに応えることができるなど多くのメリットと可能性を持ち、リアルにより近い販促活動を実現します。

今回は、リモート接客や遠隔接客についてと、ギグワークスアドバリューが提案する「リモート接客」を紹介しましょう。

リモート接客が当たり前の時代に

2020年のパンデミックをきっかけに、テレワークという働き方を多くの企業が取り入れるようになりました。開始当初は、事務ワークやIT系といったPCワークがメインの業務のみがテレワーク化できると考えられており、製造業や接客業といった職種でのテレワーク導入は困難であると思われていたでしょう。

しかし、現在では人と人が向き合う「接客業」や「営業職」でもテレワークは有用であるとされています。

【「リモート接客」は新たな販売促進に繋がる】
リモート接客とは、インターネットやITを活用し、リアルではなくデジタルによって接客を行なうことです。

ECサイトなどオンラインショッピングでは、消費者が商品情報を見ながら買い物を行ないます。ですが、リモート接客はオンラインで消費者と販売側がコミュニケーションを取りながら購入、販売することができる「オンライン接客」と、店舗内にタブレット端末や店頭サイネージなどを設置しそれらを活用し「遠隔接客」を行なう2つのスタイルがあるでしょう。

感染拡大によって消費者離れが企業に大きなダメージを与えている今、新たな販売促進の手法として注目を集め、導入する企業が増えています。

続きを読む >>
https://add.gig.co.jp/magazine/sale-support/1140/


著者

ギグワークスアドバリュー株式会社

情報化社会においてWebページ・ダイレクトメール・はがき・FAX・ちらし・テレビなど多くの顧客へのアプローチ方法がございます。 
その中でもお客様と直接対応するコールセンター(ヘルプデスク)は、効果的な手法として営業・受付・アフターサービスなど多くのシーンで活用されております。

ギグワークスアドバリューでは顧客からの一本一本の電話が企業にとって極めて大きな意味を持っていると考えております。電話対応が悪ければ企業イメージの損失や優良顧客が他社に乗り換えることも招きかねません。
ギグワークスアドバリューの「コンタクトセンターサービス」では多様化した消費者のニーズや企業の顔としてのコールセンターをサポートいたします。

さらに、ライブコマースなどの「セールスプロモーション」や、販売員派遣などの「フィールドサポート」も提供しており、クライアント様の多様なご要望に合わせた既存の枠にとらわれないオーダーメイドのサービス提供を実現しております。

また、通販事業者様向けに展開しております「通販LINKS」では「LTV向上オールインワンパッケージ」などの通販特化型サービスを展開しております。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。

■企業サイト:https://add.gig.co.jp/
■通販LINKS :https://add.gig.co.jp/ltv/