2016年のトレンドワード6選~最新EC業界大図鑑を試し読み~

ECのミカタ編集部

 ECのミカタは、昨年に続く2作目として「2016年のEC業界を総まとめ!!最新 EC業界大図鑑」を発売しました。EC業界の基礎的な用語や概要〜最新のトレンドや重大ニュースをまとめた一冊になっています。ここでは、「2016年のトレンドワード6選」を公開します。

 その他のEC業界用語をPDFにまとめましたので、ご活用ください。
 → https://www.ecnomikata.com/knowhow/detail.php?id=12759

トレンドワード1 「WEB接客」

AIが実現する未来のECサイト
 Web上の接客のあり方が変わってきています。例えば、アパレルを購入するとき、Web上ではサイズを選べないように思えますが、Unisizeというサービスを使えば、いつくかの質問に答えるだけでぴったりのサイズを発見することができます。その他、「KARTE」というサービスを使えば、サイトを訪問したお客様の性別、年齢、購買履歴などをリアルタイムで可視化し、一人一人に最適な提案ができます。

 特に接客の仕方という部分で、2016年はそこにAIを活用する機会が増えています。AI(Artificial Intelligence:人工知能)とは一般的に、人間が持つ学習・推論・判断などの知能的働きを備えたコンピューターシステムのこと。様々な業界や商材への導入が進み、ECにもその波が押し寄せています。中でもAI搭載の"Web接客"ツールを導入するサイトが増加し、大きなインパクトをもたらしています。

 ECサイトの充実によって買う楽しみが増幅した一方、事業者間の競争は激化しています。今後のECサイトには、Web接客の効果的なアプローチによって、いかにリピーターを獲得できるかが求められています。

新しいテクノロジーが生み出す次世代ECサイト
 「ZenClerk」というサービスはユニークです。発想の原点は、開発者の友人がショッピングサイトを見ている時、そのマウスの動きやページ遷移を後ろで見ていたら、どういう動きをするかで、大体買う商品が予測できる、と思いついたことにあります。その動向を機械学習させれば、見る側の興味関心が高まるタイミングで、クーポンを表示できるというわけです。そうすることでAIをECにつなげています。最近では、スマートフォンで過去の履歴を見づらいことから、店で特に興味のあると分析されたものをリスト化する「interest Widget」も登場し、AIが購入動機を生み出しています。

 また、コグニティブ・テクノロジーを使ったIBMの『Watson』も見逃せません。コグニティブとは日本語で「認知」。コンピュータが経験から学び、自ら答えを導き出すという革新的なシステムです。ECサイトにおいてWatsonをいち早く導入したのが、アウトドアや登山用品を専門に扱うアメリカの会社「The NorthFace」。現在、英語版のページで、ジャケットについて、Watsonと対話し、自分に合った製品を選んでもらうことができます。質問し、その答えを理解して、提案を切り替えていく、コグニティブ・コマースです。まるで、実際に店舗で店員さんと会話をしているかのようです。今後のECサイトにおいてもこうしたイノベーションは、時勢だいECを見据える上で重要なファクターになります。よりパーソナルで、より精度の高い提案が求められる時代。Web接客はショップとユーザーをつなぐ要となり、その品質そのものが、ショップの付加価値を担う可能性を持っています。

トレンドワード2 「アプリ」

インターネット端末別利用状況(個人)
(出典)平成27年通信利用動向調査の結果端末別(総務省)

次なる施策はアプリ
 今年ほど、アプリの存在が光った年はありません。今やスマートフォ ンの普及率はパソコンをしのぐ勢いとなっています。総務省の平成27年通信利用動向調査によると、インターネットの端末別利用状況のうちパソコンが56.8%、続いてス マートフォンが54.3%となり、その差は2.5ポイントと、スマートフォンが確実に追い上げてきています。こうした背景からもわかるように、ECサイトのスマートフォン対応はもはや当たり前であり、ネットショップが次なる施策として注目すべきはアプリなのです。

 なぜアプリなのでしょうか。顧客へのプロモーションとして活用するのであれば、SNSでもよいのでは?と思われる方もいるかもしれません。しかし、SNSはあくまでも外部メディアであるため、その仕組みに左右されやすく、流行による浮き沈みが激しいことが懸念されま す。アプリであれば、アプリ内で自社メディアを立ち上げることも、プッシュ通知を利用して即時性の高い情報を発信することも可能なため、安定した集客や販促を行うことができるでしょう。ECサイトへ顧客を誘導する手段として、アプリが効果を発

【EC業界用語解説のダウンロードはこちら】

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。