百貨店とEC業界の未来 〜ECは百貨店を侵食したのか?

ECのミカタ編集部

 「Mr.百貨店」の異名をとる三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長(61)が2017年3月末で退任。この一連の動きは百貨店業界のみならず、各方面にビッグニュースとして大きな衝撃を与えた。

 「事実上の解任劇」とも言われる一連の騒動だが、インバウンド需要「爆買い」の鈍化が原因の一つと見られている。そして、そこにもう一つ見えるのは、EC業界の躍進ということなのではないだろうか。

 「モノ」から「コト」へと消費者のニーズは変化してきており、「モノを買う」ということに労力を使わなくなってしまった。実店舗まで買いに行く時間を惜しみ、インターネット上で安く、早く、様々な商品を手に入れることが可能になってしまったこの時代。

「百貨店」と「EC」という視点でこれからの未来の小売を考えてみたいと思う。

「ミスター百貨店」を辞任に追い詰めた「爆買い」の失速

出典:経済産業省/商業動態統速報
百貨店・スーパー販売額・前年(度、同期、同月)比増減率及び事業所数より

 経済産業省が発表した商業動態統速報によると、2016年は年間を通して前年比でマイナスとなっており、厳しい状況がうかがえる。特に地方の百貨店の伸び悩みは顕著で、これまで都心の旗艦店でそのマイナス分を埋める形で維持してきたが、都心部でもそのマイナスを埋めるほどの売上を維持できなくなってきており、百貨店業界は大きな苦境に立たされている。

 爆買いに新たな設備投資をしてきた都心の百貨店

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。