コンビーズレコの人工知能で「掘り出し物」をレコメンド!

ECのミカタ編集部

株式会社コンビーズ(本社:東京都渋谷区)は、ネットショップ向け集客支援サービス「コンビーズレコ」において、このたび、閲覧数や購入数が少ない商品を表示させる「掘り出し物のレコメンド機能」を新たに搭載したと発表した。

 「コンビーズレコ」は、人工知能(AI)を搭載したレコメンドエンジンにより、ネットショップの顧客へ自動で販売促進を行う集客支援サービスである。レコメンドエンジンとは、顧客の行動履歴を分析し、それぞれの顧客の好みに沿った商品又はサービスをオススメするシステムであるが、「コンビーズレコ」はネットショップの売上高19%アップや商品クリック率3.2倍などの高い効果を出し、新聞や雑誌などにも掲載された実績を多く持っている人気のサービスだ。

 その「コンビーズレコ」が新たな機能「掘り出し物のレコメンド機能」を搭載したという。「掘り出し物のレコメンド機能」は、閲覧数や購入数が少ない商品を人工知能(AI)が自動で選択し、ユーザーにアピールしてくれる機能だ。「掘り出し物」や「隠れた逸品」として紹介することで、ユーザーの興味をひくことができ、売上の増加に繋がる。また、検索にひっかかりにくい商品や埋もれてしまった商品も紹介できるため、余剰在庫対策にも役立つとしている。

 また、ABテストでの効果測定も自動的に人工知能(AI)が行ってくれる。見出しやレイアウトによる効果の違いを測定し、ユーザーの反応が高い表示方法を採用するため、正確、かつ効率的なマーケティングを行うことができる。

 ネットショップ上だけでなく、メールでも掘り出し物のレコメンドを行えるという。人工知能(AI)が配信時刻を最適化し、ユーザーがもっとも開封しやすいタイミングで「掘り出し物」の案内ができるため、メルマガよりも訴求力の高いメール販促を実現してくれる。

マーケティングオートメーションは「痒い所に手が届く」時代へ

 人工知能の技術は日々進歩している。それはもうEC業界にとって切っても切り離せないものとなってきている。顧客心理をここまで分析し理解した上で、適切にレコメンドを送ってくれる人工知能の力は大きい。もはや人力でここまでのサービスをカバーしていくことは不可能だ。

 これまでは「マーケティングに必要不可欠な技術」を開発し商品化してきたイメージだが、もうすでに今回の「掘り出し物のレコメンド機能」のような「あったらいいな」という痒いところに手の届くサービスにまで発展している。こういった機能はECをより楽しいものに変えてくれる。もし導入がまだならば、新たな時代のECを体感してみてはいかがだろうか。

ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録